MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

真鍮

Brass 戻る

銅に亜鉛を混ぜた合金のこと。黄銅とも。堅くて展延性が高いため、地板や受け、時計の歯車などに使われる。亜鉛の割合は30〜40%程度。銅の含有量を増やすと赤みを増し、展延性が増す。時計に使われるのは、亜鉛を40%含んだ「四六黄銅」。最近では機械加工を容易にするため、鉛を2%以下含有させた快削黄銅も使われる。なお日本に真鍮が伝わったのは慶長年間だが、広まったのは文化文政年間といわれる(異説あり)。この時代、和時計の外装だけでなく、歯車にも真鍮が使われるようになった。なお、銅65%、亜鉛25%、ニッケル10%を含むのが洋銀(ジャーマンシルバー)である。

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP