MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

振動数

Beat 戻る

1時間にテンワが左右に振れる回数のこと。一般的に2万1600振動/時より上を高振動、以下を低振動という。振動数が高まるほど外乱と脱進機誤差の影響を受けにくくなり、時計の精度は良くなる。しかし振動数が高まると油の潤滑が難しくなるため、機械の摩耗が進む場合もある。19世紀初頭の懐中時計は1万4400振動/時だったが、後半には1万8000振動/時が実現し、1950年代には1万9800振動/時となった。3万6000振動/時の登楊は67年。70年代初頭にかけて一世を風靡したが、潤滑の問題が生じたため、現在は2万8800振動/時が主流となっている。時計師によって見解は様々だが、携帯時計に向く振動数の下限は1万8000振動/時と言われている。なおテンワの質量を変えないまま振動数を2倍に上げようとした場合、主ゼンマイのトルクは4倍強くする必要がある。

pick up MODEL

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP