MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

ステンレススティール

Stainless steel 戻る

合金の一種。時計ケースに最も使われるオールステナイト系の場合、鉄に加えてニッケル8%、クローム18%などを含み、湿気、海水、汗など多くの酸に対する耐食性を持つ。耐磁性にも優れるため、1950年代には真鍮ケースに取って代わったが、加工しにくく溶接が難しい。そのため複雑な形状のケースには向かないとされた。現在主に使われるのが304Lと316L。前者は耐食と耐研磨性に富み比較的廉価だが、切削性が悪いため時計ケースには向かない。後者はカーボンの含有量を減らして耐食性をいっそう高めているが、添加物が多く高価である。ロレックスが採用するのは、より優れた耐食性を持つ904L。なお表面を窒化加工することで擦過に強くなるが、耐磁しやすいというデメリットがある。そのためステンレスの硬化加工技術としてはPVDやIP処理などが普及しつつある。

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP