MEMBERS SALON

国産ウォッチメーカー ネクスト戦略(1/4) 2016年03月号(No.63)

奥山栄一、三田村優:写真
Photographs by Eiichi Okuyama, Yu Mitamura
広田雅将(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

ここ数年、急速に業績を改善する日本の時計メーカー。
インバウンド需要のおかげ、という声も聞くが、
いわゆる“リーマンショック”以降の地道な取り組みが、
功を奏しはじめたといってよさそうだ。
今や成長フェイズに乗りつつあるセイコー、シチズン、そしてカシオ。
国産時計大手3社の現状と、今後の戦略を見ることにしたい。

  1 2 3 4  
前の記事

パテック フィリップ・ミュージアムへの〝永遠のパスポート〟

次の記事

[アイコニックピースの肖像 32] オメガ シーマスター300

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP