MEMBERS SALON

ウルベルク 奇想の正統派(5/5) 2016年03月号(No.63)

EMC BLACK

機械式時計と光学センサー
「オーナーが自分で精度を確認し、必要に応じて簡単に調整できるハイパフォーマンスの時計」をテーマに開発。センサーとICを機械式ムーブメントに組み込み、歩度測定を可能にした。11時位置にある秒表示計で誤差を表示する。手巻き(Cal.UR-EMC)。2万8800振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS×Ti(縦51×横43mm)。3気圧防水。世界限定55本。1725万円。

 「ウルベルクの革新性を知らしめたのが「EMC」である。モデル名はエレクトロメカニカルコントロールの略。電子式の歩度測定器を組み込んだ世界初の機械式時計だ。構成は手巻きムーブメントに測定用のセンサーとICである。

 開発者は次のように語る。「EMCは赤外線の光学センサーをテンワに被せて、往復する速度を測定するのです」。テンワには赤外線通過用の穴が開けられており、振動すると赤外線が穴を通過した時のみセンサーが赤外線を感知する。その時間をICが演算して歩度に置き換えるという仕組みだ。測定に必要な動力はマイクロジェネレーターが供給。ケースサイドに取り付けられたクランクを回転させて発電する。

 このシステムを補完する役割を果たすのが、ケースバックに付けられたビスを使って操作する緩急調整装置だろう。つまり、歩度測定を行う前や後で自由に、自身の手で歩度を調整できるのだ。

 なお、このモデルは大胆な発想と開発力が評価され、2014年のジュネーブ・ウォッチ・メイキング・グランプリにおいて主要2部門を受賞している。

(左)EMCの構造。テンワの両面にセットされた光学センサー、電子振動子、IC、ジェネレーター(手巻き式発電機)などから構成される、革新的な歩度測定装置である。(右)左上に見えるのが、直列に積み上げられた大径のツインバレル。安定した動力供給とロングパワーリザーブが狙い。工学センサーを備えるため、テンプにはカバーが被せられている。
  1 2 3 4 5  
次の記事

バランスワークの絶技 パルミジャーニ・フルリエ トンダ 1950

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP