MEMBERS SALON

[アイコニックピースの肖像 33] ブライトリング エアロスペース(1/3) 2016年05月号(No.64)

吉江正倫、三田村優:写真
Photographs by Masanori Yoshie, Yu Mitamura
広田雅将(本誌):取材・文
Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

先進的なブライトリングのラインナップにあって、
比較的地味な存在と見なされてきたエアロスペース。
機械式クロノグラフの名門というパブリックイメージを考えれば、
このハイテクウォッチの分が悪いことは理解できる。
しかし中興の祖であるアーネスト・シュナイダーの経歴や、
後継機に及ぼした影響まで考えれば、
エアロスペースは再び注目を集めて然るべきなのである。

  1 2 3  
前の記事

【クロノスドイツ版 翻訳記事】知られざる 時計大国 ドイツ

次の記事

[ 2016年新作詳報 Part 1]ジュネーブ オート オルロジュリ ー 決戦の火ぶた

おすすめ記事

pick up MODEL

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP