MEMBERS SALON

[2016年新作詳報Part2] 創造性奪還に懸けるバーゼルの命運(3/5) 2016年07月号(No.65)

バーゼルワールド2016編集部注目モデル
Chronos Japan Recommends #2

ツァイトヴィンケル 082° エナメル “グランフー”
規制バネを用いることなく運針のバタつきを抑えたセンターセコンドを持つ082°に、“本物の”焼成エナメルダイアルを搭載。独自の“ツァイトヴィンケルフォント”を用いたアラビックインデックスは、発色の難しい淡いブルーに仕上げられる。実機では「SAINT-IMIER」の書体が小さくなるほか、青焼きされた時分針もさらに細くシェイプアップされる。我々からも含む、バーゼル初見時のインプレッションをすぐさま実機改良に盛り込むスモールメゾンならではの距離感と、その手間を惜しまぬ良心に一票。自動巻き(Cal.ZW0102)。30石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。SS(直径39.0mm)。5気圧防水。138万円。

中堅メゾンの失速と小工房たちの良心 

 2016年のS.I.H.H.からバーゼルワールドを通して雑感を述べるなら、やや重い閉塞感の一語に尽きようか。ジュネーブから続く〝スタンダード再構築〟の気運は、成長著しい〝真正のミドルレンジ〟に対し、いわゆるハイブランドの提示する〝天下り組〟の多くが、プロダクトの質を下げることでしか、望まれるプライスレンジにフィットできないという現実を浮き彫りにしただけだった。もちろん今年のバーゼルにも、曇天を吹き飛ばしてくれそうな快作は数多くあった。怒濤のハイコンプリケーションラッシュを見せたパテック フィリップ。薄型ミニッツリピーターのレコードを更新すべく気を吐いたブルガリ。初作の自社製ムーブメントを非凡な完成度に昇華させたシャネル……。しかし、こうした資金力に余裕のある大手はともかく、このご時世に最も期待を寄せたい中堅メゾンが押し並べて〝死に体〟では「金がすべてじゃないなんて」と中二病をこじらせて死んだ尾崎某が口をついて出てしまう。

 で、今年の俺リコメンは〝作り手の良心〟で選ぶことにした。候補はふたつ。プライスレンジを下げつつも〝ピュアネス〟を貫いたモリッツ・グロスマンと、グランフーに挑んだツァイトヴィンケル。特に後者は(資金を浪費するばかりの)ブースを構えず、手持ちでトランクショーを展開したのだから気分的にはこちら。この写真だって近在のブラッスリーに頼み込んで醸造タンクの側で撮った。久しく忘れていた初心と言うか、こうしたお互い手作りの取材って、実はこの上なく楽しいものなのです。(鈴木裕之)

  1 2 3 4 5  
前の記事

ラグジュアリースポーツの新定義

次の記事

[アイコニックピースの肖像 34] ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズ

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP