MEMBERS SALON

THE ART OF TRAVEL 旅をアートへと昇華するブレゲ「クラシック オー ラ・ムンディ」(3/3) 2016年07月号(No.65)


(左)「クラシック オーラ・ムンディ 5717」ファーストモデルのインデックスのチャプターリングも、リズレのギヨシェが施されている。デイ/ナイト表示にある雲をかたどるエングレービングも手彫り。大陸のモチーフは、写真のアジア・オセアニアのほか、アメリカとヨーロッパを選べる。ムーブメントは前出と同じ。18KRG(直径43mm)。3気圧防水。予価854万円。(右)インスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムのモジュールを既存のCal.777に載せた。ローターのギヨシェは、むろん手彫り。テンプはフリースプラングで、歩度調整用の4つの錘をくぼみに設置し、空気抵抗を軽減している。ヒゲゼンマイとアンクル、ガンギ車はシリコン製。

 複数の時間帯を表示可能な腕時計は、この世に数多く存在する。それらは、副次的な表示手段により、異なる時間帯を示す仕掛けとなっている。12時間や24時間表示の副時針、あるいは第2時間帯のためのインダイアル、ルイ・コティエ式のワールドタイマーであれば都市名リングと24時間リングなどである。

 しかし2011年に発表された「クラシック オーラ・ムンディ 5717」には1組の針しかなく、第2時間帯表示のインダイアルも24時間リングも持たない。にもかかわらず、ふたつの異なるタイムゾーンの現在時刻を知ることができる独自のインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムを備える。その機構を司るのが、6時位置にある都市名表示と、8時位置に置かれたリュウズだ。

 8時位置のリュウズを回すと都市名が順に切り替わっていく仕掛けで、購入したらまず、今いる場所……日本であれば「TOKYO」を表示させる。続いて、3時位置のリュウズでデイ/ナイト表示と針、そして日付表示を現在時刻に合わせる。これでセッティングは完了。8時位置のリュウズを回せば、時針とデイ/ナイト表示、日付が連動して各都市のタイムゾーンの現在時刻を示してくれる。再びホームタイムである日本時間に戻す際には、リュウズを回し進めてTOKYOを表示させる……のではない。8時位置のリュウズはボタンも兼ね、どのタイムゾーンを表示している時でも、それを押せば瞬時に時針とデイ/ナイト表示、日付表示の3つが切り替わり、日本時間に戻るのだ。そして再度リュウズを押せば、直前に合わせていたタイムゾーンへと3つの表示が切り替わる。

 リュウズを押すだけで、ホームタイムとローカルタイムを行き来する。この極めて操作性に優れたインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムの鍵となるのが、各時間帯の現在時刻を記憶する機械式メモリーである。そのモジュールは、クロノグラフ機構の原理を応用する。下は、その機構図。ご覧のように、クロノグラフをゼロリセットするのと同じハートカムとハンマーとが備わっている。ふたつのハートカムはそれぞれメモリーホイールを備え、時針を動かす筒車に連結するディファレンシャルギアに噛み合っている。一方のハートカムがその位置でホームタイムを記憶し、8時位置のリュウズを回して都市名を切り替えると他方が動いて表示を切り替え、ハートカムがその位置を記憶する。そしてリュウズを押すたびにハンマーが各ハートカムを打ち分けて、それぞれが記憶したタイムゾーンに切り替える設計である。

 さらにデイ/ナイト表示と日付表示は、時針とともにゆっくりと動き続ける仕組みとした。なぜならタイムゾーンを切り替える際、時針とスムーズに同調させるためだ。日付表示窓が広く開けられているのは、デイトディスクが常に動き続けているから。結果、窓には複数の数字が表れるが、今日の日付を明確に示すために丸いフレームが備えられている。そのフレームはデイトディスクと一緒に動き、深夜零時に右端に至ると瞬時にフライバックして次の数字を囲んで示す精密なレトログラード機構も備えている。

 このインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムでは、新たに4つの特許が登録されたという。ふたつのタイムゾーンを自在に旅するクラシック オーラ・ムンディは、現代のブレゲによる優れた発明であることの、これが証しだ。

機械仕掛けの記憶術

The Mechanical Memory

 2都市を設定すれば、8時位置のリュウズをプッシュするたびに時針と日付表示、デイ/ナイト表示が各都市のタイムゾーンに合わせて瞬時に切り替わる。

「クラシック オーラ・ムンディ」が備えるこのインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムは、現代のブレゲが発明した世界初のメカニズムである。

 その主要モジュールには、設定したふたつのタイムゾーンを記憶し、それぞれを瞬時に切り替える機械式メモリーが組み込まれている。リュウズを押すだけで、2都市の時間を行き来する操作性にも優れたこの機械式メモリーは、クロノグラフの機構をヒントに生まれた。


メモリーホイールの駆動車の内側にはハートカムの裏側のラチェット(爪)と噛む歯が切られている。都市を設定する際、駆動車が回転すると、このラチェットの働きで、ブロッキングレバーによって固定されたハートカムは空回りして相対的な位置を変え、任意のタイムゾーンを記憶する。ブロッキングレバーが外れた状態でハンマーがハートカムを打つと、メモリーホイールはハンマーの先端がカムのくぼみに来るまで回転し、記憶した設定時刻を示す。

Contact info: ブレゲ ブティック銀座 ☎03-6254-7211

  1 2 3  
前の記事

【クロノスドイツ版翻訳記事】「戦争と平和」

次の記事

グランドセイコーが切り拓くニューフロンティア

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP