MEMBERS SALON

新型ムーブメント研究2016(2/3) 2016年09月号(No.66)

伝統技術を〝革新〟技術に昇華させる
たゆまぬ研究開発の最新成果

今年、オーデマ ピゲは、ふたつの革新的なムーブメントを搭載した新作で大いに注目を集めた。

ひとつは同社を代表する基幹ムーブメントCal.3120を進化させ、さらに精度を高めたロイヤル オーク・ダブル バランスホイール・オープンワーク。

もうひとつが、昨年、コンセプトモデルを発表し、その音質と音量で関係者を驚かせたロイヤル オーク コンセプト RD#1の製品版、スーパーソヌリである。

いずれも伝統技術に裏打ちされた革新技術が開発の鍵を握る。スイス工房取材を通して、それぞれの“進化”の核心に迫る。

ロイヤル オーク ダブル
バランスホイール オープンワーク

既存のCal.3120のテンプとまったく同じテンプを2枚、同軸上に固定したダブル バランスホイールを搭載。テンプの慣性モーメントを高め、かつ、2枚のテンプを180°回転させて固定することで、ヒゲゼンマイの重心の偏りを相殺し、等時性をも高めているのがポイント。自動巻き(Cal.3132)。38石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約45時間。18KPG(直径41mm)。50m防水。765万円。

 2003年、オーデマ ピゲは自社開発ムーブメントを発表した。フリースプラングを採用し、そのテンプを両側から頑強な受けで支え、精度と安定性を確保。両方向巻き上げ式の自動巻き機構を採り入れ、約60時間のパワーリザーブも実現。それが、同社の基幹キャリバー3120である。今年、この基幹ムーブメントはさらなる進化を遂げた。同社グローバルブランドアンバサダーのクローディオ・カヴァリエール氏は解説する。

「時計の精度を高めるためには、衝撃や磁力、温度差といった外的要因の影響をいかに排除するかがポイントです。特に時計が頻繁に直面する衝撃に対しては、大きくふたつの手法があります。テンプの振動数を上げるか、テンプの慣性を上げるかです。今回、我々が採った手段は後者です」

 もちろん、振動数を上げて、かつ慣性も高めるということも理論的には可能だが、これはまったく新しいムーブメントを開発することを意味する。オーデマ ピゲは、今回の開発にあたり、10年以上の歴史を持つ基幹キャリバー3120をベースに精度を高めるという前提に立っていた。

「与えられた前提条件での最適解が、このダブル バランスホイールだったのです」

 ポイントは、ふたつのテンプを同軸上に配したことだとカヴァリエール氏は言う。

「他社にもテンプをふたつ持ったムーブメントは存在しますが、通常はディファレンシャルギアでつなぎます。そうすると、エネルギー伝達に損失が生じ、結果としてパワーリザーブを低下させてしまいます。ふたつのテンプを同軸上で180度回転させて固定することで、ひとつのアンクルで駆動することができるため、既存の輪列をそのまま利用できるのも、今回採用した設計の大きな利点です」

オーデマ ピゲの基幹キャリバー3120をベースに、テンプを2枚同軸上に配し、受けと地板をふんだんにスケルトナイズした新型ムーブメントCal.3132の文字盤側(右)とローターを外した裏蓋側(中)。(左)Cal.3132の核心を成す2枚のテンプを同軸に固定したダブル バランスホイール。

オーデマ ピゲのグローバルブランドアンバサダー、クローディオ・カヴァリエール氏によると、Cal.3132では約30%精度が改善されたという。具体的には、シングルのテンプで日差−2〜+8秒のところ、ダブルのテンプで日差−2〜+5秒に向上。いずれも工房での検査値。

 また、ひとつのテンプにふたつのヒゲゼンマイを180度回転させて取り付ける例も他社にはあるが、これはヒゲゼンマイの重心の偏りを相殺できても、テンワの慣性を高めることはできない。つまり、今回のダブル バランスホイールは、テンプの慣性を高めると同時に、ヒゲゼンマイの非対称性も相殺し、等時性と安定性のふたつを高めることに貢献しているのだ。

 結果、約30%精度を改善することができたというから驚かされる。これこそ、カヴァリエール氏が、与えられた条件下での最適解と断言するゆえんである

  1 2 3  
前の記事

[アイコニックピースの肖像 35] フランク ミュラー カサブランカ

次の記事

[Kamine × Time Aeon Foundation ×クロノス日本版]〝伝統を守る〟という想いが交差する瞬間

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP