MEMBERS SALON

ジャパン プレミア ハイジュエラーの意気地 TASAKIの壮大なる試み〝オデッサ〟シリーズをめぐって(2/2) 2016年09月号(No.66)

その動作を克明に描写するスケルトンの粘着性

「オデッサ スケルトン」。浅岡肇氏との共作第2弾は、“宇宙”をテーマに、古典的な設計の手巻きムーブメントを徹底的にスケルトナイズした野心作となった。エッジが切り立ったブリッジには、美しいペルラージュ仕上げが施される。洋銀製のブリッジ、ゴールドの輪列、テンワの壮麗なコントラストに注目されたい。極めてハイプライスだが、プレミアム・ジュエラーと気高き独立時計師の共作として、今後一層の価値が出よう。欧州のオークショニアの表現を借りるならば“Extremely Rare”。手巻き(Cal.TPW305)。17石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約42時間。18K SAKURA GOLD(直径40mm、厚さ約10mm)。1000万円。受注生産。※実際の商品と一部仕様が異なります。

野心作と標準機で絶妙のバランスをとる

 それは2015年のことである。日本のプレミアム・ハイジュエラーをより高い次元で目指さんとしたTASAKIは、高級腕時計のコレクションでその指針を内外に示すこととなった。「TASAKI タイムピーシーズ」と銘打たれたコレクションを発表したのである。ハイエンドモデルである「オデッサ トゥールビヨン」は、我が国における独立時計師の雄、浅岡肇氏がムーブメントの製作を手掛け、TASAKIエクスクルーシブの手巻きトゥールビヨンとして国際的な評価を受けた。一方で、シャープなインデックスを基点とした文字盤のシンプルな意匠に個性が光る3針のモデル「オデッサ」を脇に据えて、広く一般的な訴求を得ることに成功もした。

 そして今年、TASAKIはコレクションの拡充を試みる。パートナーは昨年同様、浅岡氏である。TASAKIの美意識を熟知した彼が捧げたのは、驚きのフルスケルトンモデル。毎秒5振動のシンプルな手巻きムーブメントに、浅岡氏は丹念に肉抜きを与えた。完璧な手作業でエッジを磨いたブリッジには、等間隔で重なり合う極上のペルラージュが施されている。文字盤側から見るそのハイライトは、8時位置に視覚化されたキフショックだろう。機能美の象徴だ。

 ケースバックに目を転じてみよう。直径14㎜に迫る大径のテンワ、機械式ムーブメントのパーツで最も美しいとモリッツ・グロスマンのエンジニアも讃える香箱、そして輪列。独立したガンギ車のブリッジが古典的な作法を今に伝えていて好ましい。そう、この時計、名を「オデッサ スケルトン」というが、ここまで高尚な出来栄えたらしめているのは、作り手の過剰とも思える動作系への偏愛、執心である。だからこそ、一般的な、また古典的なスケルトンのしつらいとは大きく異なる。この偏愛、執心を褒めそやし、受け入れたのはTASAKIの加護、ディレッタントの精神故。傑作は得てして、こうした主従関係から生まれる。

簡潔な美を指標した3針モデルとクロノグラフ

「オデッサ」。昨年発表されたモデルのクロコダイルストラップ仕様より3型。(右)オフホワイトにゴールドのマーカーとラインを走らせた素晴らしい意匠。SS 。60万円。(中)モノトーンを突き詰めたSSモデル。60万円。(左)SSと18K SAKURA GOLDの妙なるコンビネーションが光る。文字盤のサンレイが高級機の証。90万円。自動巻き(Cal.TPW100)。2万8800振動/時。24石。パワーリザーブ約50時間。直径40mm、厚さ約13mm。

 余りに濃密な仕上がりを見、資料に目を通していると、超高級時計の粘着性に息が詰まりそうになってくるので、このあたりで箸休めを取ろう。昨年の「オデッサ」に続く愛すべき佳品が「オデッサ クロノグラフ」である。直径40㎜のけれん味のないデイト表示付き自動巻きクロノグラフ。インダイアルのデザインを変え(12時位置の30分積算計とインデックスの増し加わりは最高だ!)、スリーローの頑強なブレスレットをまとわせたその作風は端正そのものである。個人的には、少し散財をしてでもステンレススティールと18K SAKURA GOLD(同社独自の配合によるオリジナルのゴールド素材)のコンビモデルを手に入れたい。ステップ付きのベゼルには、無論のこと18K SAKURA GOLDが好適だから。

 パールからの静かな脱却がTASAKIの命題であることは論を俟たない。自社のアイデンティティである海からの贈り物に心血を注ぎつつなお、新しい素材やデザイン、ディレクションの大いなる可能性を企図した帰結が、浅岡肇氏やタクーン・パニクガルの登用なのだから。だからこそ「オデッサ」シリーズや、先頃発表された新しいジュエリーのコレクション(花火を主題にした素晴らしい連作の数々……)から、とても心地よい律動が聴こえてくるのではないか。

「オデッサ クロノグラフ」。日本製の自動巻きクロノグラフを積んだモデル。段差を設けた文字盤の仕上げがとても好ましい。12時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、9時位置にスモールセコンドをそれぞれ配置。(右)SS×18K SAKURA GOLD。200万円。(左)SS。90万円。自動巻き(Cal.TPW201)。2万8800振動/時。25石。パワーリザーブ約48時間。直径40mm、厚さ約14mm。写真の他、ブラック文字盤のSSバージョンがラインナップされる(90万円)。 ※本誌掲載の写真は、実際の商品と一部仕様が異なります。
Contact info: TASAKI カスタマーサービス Tel.0120-111-446
  1 2  
前の記事

ショパール ブティック銀座本店 再始動

次の記事

[ブレゲ・マニュファクチュール探訪]冷静と情熱が出会うところ

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP