MEMBERS SALON

[ブレゲ・マニュファクチュール探訪]冷静と情熱が出会うところ(3/6) 2016年09月号(No.66)

面取り&彫金
BEVELLING & ENGRAVING

驚くほどの自由さを与えられているのが、面取りや彫金といった仕上げ部門だ。
使うツールは不問、明確な指示書もなく、仕上げる個数も決められていないというから、
合理的で機能性を重視する部品の製造現場とはむしろ真逆と言える。
新棟の2階にある仕上げ部門では、数多くの職人たちが、自分たちのペースでゆったりと作業に取り組んでいた。

(右)スケルトントゥールビヨンの面取り。普通はCNCマシンで粗く加工するが、このモデルでは一切そのプロセスを用いていない。「職人が一から角を丸めているところに意義がある」とのこと。(上左、上中)錫板で部品の表面をならす工程。何度も磨いては、目で確認し、再び磨く。(下左、下中)彫金の工程。一部のモデルは、ムーブメントの製造番号も手作業で彫り込まれる。テーブルの上に貼られた付箋には、製造番号が書かれており、作業が終わったら横線を引いて消していく。大メーカーとは思えないほどプリミティブなやり方が残されている。

 だが、製造工程を支配していた厳格さは、2001年に落成した新棟の2階では一変する。面取りと彫金部門で見られたのは、驚くほどの自由さだった。仕上げのすべてが手作業によるのは当たり前だが、意外だったのは、仕上げ用のツールがまったく指定されていないことだった。あるエングレーバーいわく「美しい仕上げが施せるならば、木でもプラスチックでも道具は何でも許されている」。他社では考えられない自由さだ。

ロリエントには約20人のエングレーバーが所属している。ヌーシャテルの学校で学んだ後、入社して高度なテクニックを覚えていくのが普通だという。体系的に学ぶわけではないため癖があり、「彫金を見れば、誰が手掛けたかすぐに分かります」とのこと。工具はもちろんのこと、固定するジグなども人によって異なる。
  1 2 3 4 5 6  
前の記事

世代を超えて夢をつなぐオーデマ ピゲ ミュージアム

次の記事

ジャパン プレミア ハイジュエラーの意気地 TASAKIの壮大なる試み〝オデッサ〟シリーズをめぐって

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP