MEMBERS SALON

ロジェ・デュブイが先駆ける モダンスケルトンウォッチ大解剖(2/2) 2016年11月号(No.67)

マイクロローター
2005年に初採用して以来、マイクロローターは、ロジェ・デュブイのお家芸。そのローター自体も今回、星をなぞるように肉抜きされた。これも強度を保ちつつローター外周の比重を大きくし、回転効率を高める機能的なデザイン。さらに裏蓋側のローターブリッジも星をかたどった。
ジュネーブ・シール
各パーツの仕上げや特性などに関する12項目にわたる厳格な規定に合致した上質な手仕事がモダンなスケルトンをより美しくする。さらに2013年から完全移行した新ジュネーブ・シールでは、ケーシング後の精度検査も規定に加わった。この刻印は、高精度でもあることの証しだ。
トリプルラグ
エクスカリバーの特徴のひとつがトリプルラグ。中央に設けた第3の脚は、コレクション名の由来となったアーサー王の秘剣のイメージを膨らませ、外観を力強く、スポーティーな印象にする。写真ではラバーストラップだが、実際はアリゲーターとラバーのバイマテリアルのストラップが装備される。
エクスカリバー 42
オートマティック スケルトン カーボン
2016年の新作。自動巻きスケルトンムーブメントをカーボンケースに収めた。針もV字のフレームの先に菱形のポイントを持つ新デザイン。その針先と分インデックスの赤がアクセントになっている。自動巻き(Cal.RD820SQ)。35石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。カーボン(直径42mm)。3気圧防水。730万円。

 創業者のロジェ・デュブイ氏は、かつてインタビューで「高性能・高精度であることを大前提とし、そこに優れた審美性が伴っていなければ、ジュネーブの時計とは言えません」と語った。そして「新しい時の表現を伝統的なムーブメントでかなえることが、我々のスタイルです」と、言葉をつないだ。ジュネーブで時計製作のすべてを学んだデュブイ氏らしい矜持は、今のメゾンに受け継がれている。その好例が、他社に先駆けたモダンスケルトンウォッチであろう。

 それまで彫金をはじめとする工芸的な技巧を駆使し、装飾を目的としてきたスケルトンウォッチを、ロジェ・デュブイは2008年、極めて現代的に、そしてアバンギャルドに変革させた。この年に発表した3つのスケルトントゥールビヨンムーブメントは、どれも地板とブリッジをスリムなフレーム状とし、かつてない奥行き感と透明感を併せ持たせたのである。さらにフレーム全体をダークグレーのロジウムメッキで仕上げることで、一層の斬新さも与えていた。そして同時にスリムなフレームによりあらわになった各パーツは、ジュネーブ・シールの規定に則った伝統的な手仕上げにより、豊かな美感を伴っているのが、ロジェ・デュブイらしさが顕著と語ったゆえん。中でも丸型のRD02SQ3は、肉抜きした香箱を支えるフレームが星形を成す様子が、実に印象深く、また象徴的だ。

丸型、フルーテッドベゼル、トリプルラグが、エクスカリバーの3大要素。そのスケルトンの星形フレームの内、4つの先端は、それぞれ1・3・5・7時のインデックスも兼ねる。また、五芒星の形には、創造性、大胆さ、革新性、技術力、卓越性というメゾンの5つの理念が込められている。

エクスカリバー 42 オートマティック スケルトン 18KRG
自動巻きのスケルトンムーブメントを初搭載した2015年発表モデル。ローズゴールド製のケースとダークグレーのムーブメントとのコントラストが、力強さに加え、気品をも与える。自動巻き(Cal.RD820SQ)。35石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約60時間。18KRG(直径42mm)。3気圧防水。844万円。

 そして昨年、〝手巻き〟の〝トゥールビヨン〟にしかなかった、このアストラルスケルトンが、初めてベーシックな自動巻きで試みられた。搭載したのは、「エクスカリバー」である。

 新型のアストラルスケルトンムーブメントRD820SQは、調速輪列と刻時輪列を切り分けた構造を採る。結果、各輪列を構成する歯車は小径化でき、透明感はより高まった。アイコニックな星形を構成するV字のフレームは、それぞれがリュウズや自動巻き上げ、時刻、調速などの各輪列を支える機能を担う。つまり星形は、必然の形。さらに言えば鋭角なV字は構造学上強固であり、スリムなフレームでも十分な耐久性が得られる。

 極めて機能的かつ合理的な細い各フレームにはペルラージュ装飾が緻密に連なる。側面はあえて直線的に面取りすることで、見る者にシャープでスポーティーなイメージを膨らませる。これらを含め、ムーブメントを構成する167のパーツすべてが手仕上げ。他社もモダンスケルトンを追随する中、ロジェ・デュブイは、機構もデザインも仕上げも一番星であることを追求し、豊饒なる独創性を放つ。

11月、東京・銀座の並木通りに国内初となるロジェ・デュブイのフラッグシップブティックがオープンする。スクエアのモチーフに加え、ゴールド、黒、赤のアイコンカラーを用いて表現されたブランドの世界観がラウンジを包み込み、時計愛好家たちを温かく迎える。エクスクルーシブなコンシェルジュサービスも提供される。

ロジェ・デュブイ銀座ブティック
〒104-0061 東京都中央区銀座6-7-19
営業時間/12:00〜20:00

Contact info: ロジェ・デュブイ Tel.03-3288-6640
  1 2  
前の記事

F.P.ジュルヌ 帰ってきたヴァガボンダージュ

次の記事

GREUBEL FORSEY 完全無欠の手仕上げ美

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP