MEMBERS SALON

ピアジェ 銀座本店で「アルティプラノ 60年の軌跡」を開催中(1/1)

「アルティプラノ 60年の軌跡」
期間:開催中〜2017年8月31日(木)まで
場所:ピアジェ 銀座本店
営業時間:11:00〜19:00
住所:東京都中央区銀座7-8-5
Tel.03-3569-0160

 1957年に厚さ2.0mmという極薄の手巻きムーブメント「9P」を搭載し、薄型時計の可能性を一気に広げたピアジェの「アルティプラノ」。発売からわずか3年後の1960年には、厚さ2.3mmという驚異的な薄さを誇る自動巻きムーブメント「12P」も開発され、以来極薄時計の象徴としてその地位を築いてきた。

 つまり2017年は、そのアルティプラノ発売から60年を迎えるメモリアルイヤーということになる。そのため現在、日本におけるピアジェの旗艦店「ピアジェ 銀座本店」では、アルティプラノの誕生60年を祝し、8月31日(木)まで「アルティプラノ 60年の軌跡」と題した展示イベントを開催中だ。同イベントでは、スイスのピアジェ本社が所蔵するプライベートコレクションより10本の「9P」「12P」搭載モデルが来日、現行モデルとともにショールームに飾られる。今回展示されるアルティプラノの中で最も古い1本は、驚くべきことに発売を開始した1957年製ということで、最古のモデルと最新モデルが揃うかたちとなった。まさにアルティプラノが刻んできた歴史を噛み締めることができるイベントだと言える。

 なお、スイス本社から来日している10本はイベント終了後すぐに本国へ返却となるか、別のブティックなどで展示されるかは未定とのこと。いずれにしてもこれら貴重な10本がまとめて展示することはないとのことなので、この機会に同ブティックの来訪をお勧めしたい。

「アルティプラノ」60周年コレクション。手巻き(Cal.430P)。18石。2万1600振動/時。18KWG(直径38mm)。パワーリザーブ約43時間。3気圧防水。290万円(税別)。世界限定360本。

(左)1957年に登場した極薄手巻きムーブメント「9P」。厚さ2.0mm、直径20.5mmのサイズで薄型時計の新たな可能性を生んだ。18石。1万9800振動/時。パワーリザーブ約36時間。(右)1960年登場の極薄自動巻きムーブメント「12P」。自動巻き上げ機構を加えながらも、厚さは2.3mmと9Pに比べ0.3mmしか厚くなっていない。直径28.1mm。30石。1万9800振動/時。パワーリザーブ約36時間。いずれもコート・ド・ジュネーブとペルラージュ仕上げが施されている。

(左)9Pを搭載したモデルで、なんと製造年は販売初年度に当たる1957年製である。ケースは18KWG。(右)12P搭載の自動巻きモデル。こちらは1976年製で、18KWGケースとブレスレットに施された同じ模様やオニキスと翡翠で作られた文字盤、ダイヤモンドのインデックスなど、かなり特徴的な1本となっている。

現行モデルは歴代ムーブメントの解説とともに展示されていた。それぞれのムーブメント写真には厚さが必ず併記してあり、ピアジェにおけるアルティプラノの薄さへのこだわりを感じることができる。

Contact info: ピアジェ コンタクトセンター Tel.0120-73-1874

前の記事

手の届く機械式時計をテーマに シチズン クラブ・ラ・メール

次の記事

若い世代へ向けたコックピット クロノグラフ誕生  フォルティス

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP