MEMBERS SALON

What'sラグスポ?(1/4) 2014年11月号(No.55)

今回のお題は「ラグジュアリースポーツ」。アイコニックなケースモチーフこそ、このジャンルの要となるが、あまりにもサブタイプが多すぎるため、今回は細かなバリエーションは同一ファミリーとして集計した。ワンツーはもはや鉄板。興味深いのは3位以下の動向だ。

 

ホワッツラグスポ?

1位 84point / 5persons

パテック フィリップ / ノーチラス

Photo:「ノーチラス Ref.5711/1A」。自動巻き。SS。251万円。問パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター ☎03-3255-8109
●(Ref.5990/1Aを指定)使ってみたくなるふたつの複雑機能を搭載。しかも計算された配置が秀逸。デザインの完成度も素晴らしい。(菅原)
●ロイヤル オーク唯一の対抗馬。ケースの薄さやブランドイメージの面で上品さを楽しめる。(篠田)
●(Ref.5711/1Aを指定)装着感を言えばロイヤル オークより半歩上か。旧作も魅力的だが、Cal.324 SCを搭載する現行モデルのほうが安定性も優れている。傑出した時計だが、入手が困難なのは難点か。(広田)



今年のジュネーブに心は震えたか?

2位 76point / 5persons

オーデマ ピゲ / ロイヤル オーク

Photo:「ロイヤル オーク エクストラ シン」。自動巻き。SS。210万円。問オーデマ ピゲ ジャパン ☎03-6830-0000

●(エクストラ シンを指定)スポーツウォッチとして使えるかはいささか疑わしい。しかしパッケージングと仕上げで、これに勝るスポーツウォッチは今もってない。実用性なら3針、タフに使うならオフショアだろうが、個人的には2針がもっとも好きだ。(広田)
●(エクストラ シンを指定)まさにオールマイティモデル。ケース径の小さなエクストラ シンの方が、押し出しが強くなくて雰囲気がいい。(篠田)
●(コンセプトを指定)ラグジュアリースポーツ市場を開いた名作。ホワイト×ブラックで仕立て直した“コンセプト”は、新素材を駆使したトゥールビヨンやディスク式GMT、フレーム構造のムーブメントなど、今ある先進的コンプリケーションを先駆けた。(髙木)


今年のジュネーブに心は震えたか?

3位 34point / 4persons

ブランパン /フィフティ ファゾムス

Photo:「フィフティ ファゾムス バチスカーフ」。自動巻き。SS。98万円。問ブランパン ブティック銀座 ☎03-6254-7233

●相変わらずの名作。新作バチスカーフもリリースされたが、高級感だけを比較すれば、旧フィフティファゾムスの圧勝。サファイアクリスタルを埋め込んだベゼルも質感に富む。ただ時計の“頭”はいささか重い。(広田)


今年のジュネーブに心は震えたか?

4位 32point / 2persons

オメガ / シーマスター300 マスター コーアクシャル

Photo:「シーマスター300 マスター コーアクシャル」。自動巻き。SS。予価63万円。問オメガお客様センター ☎03-5952-4400

●“Wonderful buy”。歴としたスポーツウォッチだが、ラグジュアリーウォッチと称して良いほどの外装を持つに至った。搭載するマスター コーアクシャルも、理論上は優れた性能を誇るだろう。パッケージングも秀逸だ。(広田)


今年のジュネーブに心は震えたか?

5位 26point / 3persons

リシャール・ミル /RM35-01 ラファエル・ナダル

hoto:「RM35-01 ラファエル・ナダル」。手巻き。NTPTカーボン。予価1130万円。問リシャールミルジャパン ☎03-5807-8162

●高級時計の、そしてスポーツウォッチの概念を変えた革新性は、現在の時計界を語るうえで欠かせない。どのモデルも素晴らしいが、ナダルの新作は唯一無二の質感がユニーク。(髙木)


  1 2 3 4  
前の記事

多様性を象徴する今年のバーゼル10傑

次の記事

星に願いを

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP