MEMBERS SALON

パネライ/ルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ-47mm(1/5) 2016年03月号(No.63)

PANERAI
Luminor Marina 1950 3 Days Acciaio-47mm

1950年代、パネライは特殊潜水部隊のためだけに時計を作っていた。
隊員たちは当時、パネライの時計をどのように利用したのだろうか。
かつての様式を踏襲した今日のパネライと、当時、実際に使用されていた装備品の双方を携え、潜水テストに臨む。

イェンス・コッホ: 文 Text by Jens Koch
OK-PHOTOGRAPHY: 写真 Photographs by OK-PHOTOGRAPHY
岡本美枝: 翻訳 Translation by Yoshie Okamoto

point

・1950年代に使用されていた装備品にほぼ忠実
・素晴らしいデザイン
・極めて秀逸な加工

point

・万人向けではないサイズ感
・誰にでも手が届く価格ではない

時代を超える
新旧パネライの真価

紀の中盤にイタリア海軍で使用されていた装備品に忠実な、回転式ベゼルのないレザーストラップのパネライのモデルを見ると、この計器を身に着けて本当に海に潜っていたのかと問いたくなる。もちろん、それを証明する歴史的な証拠は十分にそろっているが、当時、パネライの計器はコンバットスイマーたちの目にどのように映っていたのだろう。クロノスドイツ版編集部は、登録団体歴史的ダイバー協会(訳注:Die Historische Tauchergesellschaft e.V.)に所属する経験豊富な戦闘水泳隊員と共に、その痕跡を探る旅に出た。当時の状況をよりリアルに再現し、かつての戦闘水泳隊員たちが海中で得た感覚を検証するため、我々は、当時、実際に使用されていた装備品と、1950年代のデザインを踏襲したパネライ ルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ-47㎜を携行することにした。
 パネライは1936年からイタリア海軍の特殊潜水部隊のために時計を作っている。特徴的なリュウズガードが与えられたのは1950年代の中盤以降である。これらの美しい特殊時計への人気がオークションで加速したのを受け、パネライは1993年、一般向けにも時計を販売するようになる。
 
デザインの継続性
 幸いなことに、パネライの多くのモデルは今日でも60年前と同じ外観を維持している。我々は今回の検証に、1950年代のオリジナルモデルとデザインが極めて類似しており、ケース径47㎜でリュウズガードを持つルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ-47㎜を選んだ。スモールセコンドが搭載されている点も、当時と比較する上で信憑性がある。パネライが、パワーリザーブ約36時間、秒針なしのロレックス製手巻きムーブメントの搭載をやめ、スモールセコンド搭載、パワーリザーブ約8日間のアンジェリュス製ムーブメントに切り替えたのが、ちょうど1956年頃だからである。パワーリザーブについては、今回のテストウォッチはそこまで長くないが、3日間あれば手巻き時計としては十分だろう。

 熟練の戦闘水泳隊員であり、ドイツ海軍特殊潜水部隊隊員の資格も持つイェンス・ヘーナー氏は、前述の登録団体歴史的ダイバー協会に所属し、洞窟や難破船の調査にも参加するダイバーである。スキューバダイビングでは240mという記録の保持者であり、フリーダイビングでもさまざまな記録を樹立している。今回のテストのため、クロノスドイツ版はヘーナー氏とこの団体の協力を得て、特別なシナリオを企画した。1950年代と60年代の特殊潜水部隊と同じように装備し、パネライの当時のモデルを忠実に踏襲したルミノール マリーナ 1950 3デイズ アッチャイオ-47㎜を身に着けて潜水するというものである。

  1 2 3 4 5  
前の記事

ロレックス/オイスター パーペチュアル 39

次の記事

オメガ/シーマスター アクアテラ

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP