MEMBERS SALON

ユンハンス/マイスター テレメーター(1/1) 2016年01月号(No.62)

JUNGHANS
Meister Telemeter
レトロと革新の共存

1930年代にタキメーター付きの時計を販売開始し、
1951年にはテレメーターの機能も加えていたユンハンス。
今、歴史的なヒットモデルが、
最新の装いをもって新たに現れた。

メリッサ・ゲスリンク:文
Text by Melissa Gossling
OK-PHOTOGRAPHY:写真
Photographs by OK-PHOTOGRAPHY
市川章子: 翻訳
Translation by Akiko Ichikawa

point

・美しいレトロデザイン
・優れた着け心地

point

・ストラップが簡素

方の対象地までの距離を計測するテレメーターの付いた最初の時計は、19世紀後期に商品として出回りだしている。当時、テレメーターは、実用的なものとして使われていた。戦場において音速を利用すると、敵がどのくらい離れた場所にいるか距離が計測できたのだ。銃砲から閃光が見えたらクロノグラフを作動させ、砲音が聞こえた時に停止させる。するとクロノグラフ針が示したテレメーターの目盛りで距離が分かる。

 一方、平均速度の測定のためのタキメーターの目盛りが文字盤に最初に現れたのは1900年頃。ちょうど、近代的な自動車が初めて街中を走り出した時期だ。ある地点でクロノグラフを作動させ、1キロメートル、あるいは1マイルを通過するときにクロノグラフを停止させると、タキメーターの目盛りで時速が分かる仕組みだ。
 テレメーターとタキメーターは、コンビになっていることも多い。それぞれ異なる機能だが、どちらもクロノグラフを利用するため、クロノグラフモデルでさえあれば、ムーブメントに追加機構は必要とせずに加えることができるあたり、巧みな演出といえよう。
 
1951年当時の空気をまとって
 ユンハンスは1951年に、手巻きの自社開発キャリバーJ88を搭載したクロノグラフを発表している。そのモデルにインスパイアされたのが、このマイスター テレメーターだ。当時の最新ヒットモデルに倣ったこのデザインが、ノスタルジーをかきたてる。テレメーターの目盛りは赤く、タキメーターと分の刻み目は黒い。地色をツヤ消しの銀色に仕上げられたドーム型文字盤は、光の加減によって、やや黄色味を帯びた面と暗色の部分にメリハリが出るよう、テレメーターの目盛りは縁に寄せられている。さらに、配色のアクセントになっているのが、アラビックインデックスと長短針の黄土色の夜光塗料だ。これは暗がりで見ると、黄緑色に発光する。長短針とクロノグラフ針は、文字盤の丸みに合わせて、先端がカーブしている。クロノグラフ針のセッティングにはやや甘さを感じなくもないが、長短針とは対照的な、落ち着きのあるメタリックな輝きが映えて美しい。

 

イエローゴールドのPVD加工を施したモデル。テストで使用したモデルと同様にクラシカルな意匠に変わりはないが、イエローゴールドカラーのケースと赤色のテレメータースケールの組み合わせによって、よりレトロな佇まいを見せている。

  直径40.8㎜のステンレススティール製ケースに内蔵されるのは、かつてのように自社ムーブメントではないが、デュボア・デプラのクロノグラフモジュールを載せたETAのキャリバー2892の中でもトップクォリティのものを採用。歩度測定器に掛けると、平均日差はプラス2秒、最大姿勢差はプラス8秒と、極めて優秀な数値が出た。また、着用テストでも、平均して3秒の進みが見られたのも頼もしい。

使い勝手も上々
 シンプルではあるが、整いの良いケースは、裏側に傾斜がついている。総重量61gという軽さと相まって、この形状が腕に心地よい。プッシュボタンやリュウズは、ケース側面から十分な高さを持っているので使いやすい作りだ。ただ、プッシュボタンはサイズが小さめなのが、少々ネックと言えなくもない。しかし、形としてはスマートなケースによく合っていて、あえてこうした意思が感じられる出来だ。
 風防には1951年当時と同じように、ドーム型のプレキシガラスを使用しているが、傷に強いシクラランという表面加工を施している。この加工は自動車産業で利用されているもので、ユンハンスでは数年前から導入。時計界での利用はユンハンスが最初だ。傷に強いが、サファイアクリスタルよりはコストが抑えられるのも利点だ。
 これらのように、随所に工夫を凝らしたこのモデルの価格は35万1000円。魅惑的なヒストリカルデザインに、使い勝手の良さ、そして、シクラランのような技術的革新に対する視点の鋭さも加わったマイスター テレメーターは、手にするとレトロと革新の共存する愉しさを存分に味わえるだろう。

技術仕様

ユンハンス/マイスター テレメーター

製造者: ユンハンス
Ref.: 027/3380.00
機能: 時、分、秒(スモールセコンド)、30分積算計
ムーブメント: ETA 2892“トップ”、自動巻き、デュボア・デプラ製クロノグラフモジュール2030搭載、2万8800振動/時、45石、ストップセコンド、グリュシデュール製テンワ、耐震軸受け(インカブロック使用)、エタクロン緩急針、パワーリザーブ約42時間、直径30mm、厚さ6.5mm
ケース: ステンレススティール製ケース、ドーム型耐傷加工プレキシガラス風防、ミネラルガラス製裏蓋(4カ所ビス留め)、3気圧防水
ストラップとバックル: カーフストラップ、ステンレススティール製尾錠
サイズ: 直径40.8mm、厚さ12.6mm、総重量61g
バリエーション: 黒文字盤バージョン35万1000円、イエローゴールドPVD加工ケースバージョン37万5000円
価格: 35万1000円

*価格は記事掲載時のものです。記事はクロノス ドイツ版の翻訳記事です。

精度安定試験 (T12の日差 秒/日、振り角)

  平常時  
文字盤上 +3  
文字盤下 +3  
3時上 +2  
3時下 +2  
3時左 +5  
3時右 -3  
最大姿勢差: 8  
平均日差: +2  
平均振り角:    
水平姿勢 284°  
垂直姿勢 255°  


評価

ストラップとバックル(最大10pt.)6 6pt.
操作性(5pt.) 4pt.
ケース(10pt.) 7pt.
デザイン(15pt.) 13pt.
視認性(5pt.) 3pt.
装着性(10pt.) 10pt.
ムーブメント(20pt.) 13pt.
精度安定性(10pt.) 7pt.
コストパフォーマンス(15pt.) 13pt.
合計 76pt.

>>ユンハンスのモデル一覧はこちら

前の記事

A.ランゲ&ゾーネ/ランゲ 1

次の記事

モーリス・ラクロア/ポントス クロノグラフ

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP