ブレゲがマリー・アントワネット展の記念モデルを発表 Watch the New|クロノス日本版[webChronos]

  • SNSSNS
  • 特集を見る
  • 正規店を探す
  • ブランドを探す
  • オーナーズマーケット
  • マイページ
  • ブログ
  • コミュニティ
  • ランキング
  • 質問
  • メンバー検索

Facebook

Twitter

webChronosの使い方

お気に入りBRAND

MENU CLOSE

高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos] TOP > Watch the New > ブレゲがマリー・アントワネット展の記念モデルを発表

Watch the New

ブレゲがマリー・アントワネット展の記念モデルを発表

「ブレゲ クラシック 9075 “王妃のバラ”」。自動巻き(Cal.591C)。25石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。18KWG(33.50mm)。ユニークピース。

 

 ブレゲの創業者、アブラアン-ルイ・ブレゲと親交があった著名人の中でも、マリー・アントワネットはブランドに特に大きな影響を与えた人物のひとりと言えよう。彼女が称賛したことにより、ブレゲは当時の高名な宮廷の人々を顧客に持つことができたとされている。

 

 現在開催中(2017年2月26日まで)の「ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展 美術品が語るフランス王妃の真実」を記念し、ブレゲ社は2本のユニークピースを発表した。

 

 ひとつ目はマリー・アントワネットが愛したプチ・トリアノン宮の庭園をイメージした「ブレゲ クラシック 9075 “王妃のバラ”」である。ブレゲ社はプチ・トリアノン宮の庭園で栽培されていたバラの中でもロサ・ケンティフォリア・ブラータに着目し、伝統技法を用いて花の美しさを表現した。高温で焼成した“グラン・フー”ホワイトエナメルダイアルの上に、エナメルパウダーを使ってバラのミニアチュール(細密画)を描いている。ブレゲ針とインデックスに18Kホワイトゴールドを採用し、ケースとフランジ、ラグにブリリアントカットダイヤモンドを167個(約0.915カラット)あしらい、豪奢に仕上げた。

 

「ブレゲ ハイジュエリー デジール・ドゥ・ラ・レーヌ スペシャルピース」。自動巻き(Cal.586)。29石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約38時間。18KWG(縦33.5mm×横24.95mm)。スペシャルピース。

 

 ふたつ目は、6時側ケースサイドに配されたリボンがマリー・アントワネットのファッションを彷彿させるハイジュエリーウォッチ「ブレゲ ハイジュエリー デジール・ドゥ・ラ・レーヌ スペシャルピース」。ナチュラルマザー・オブ・パールを用いたダイアルには、それぞれ異なるカットを施したピンクサファイアがセッティングされており、時計の表情に彩りを添えている。またブリリアントカットダイヤモンドはケースには146個、フランジには66個、ボウモチーフには110個とペアシェイプカットダイヤモンドが3個、リュウズにはブリオレットカットダイヤモンドを1個使用しておりなんとも華やかだ(総カラット数は約5.6カラット)。

 

お問い合わせ先■ブレゲ ブティック銀座 Tel.03-6254-7211

ブレゲがマリー・アントワネット展の記念モデルを発表 Watch the Newページになります。高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]オフィシャルサイトです。ブランド腕時計の最新情報やイベント情報、正規販売店を紹介致します。

ARCHIVES

CLOSE

CLOSE

お気に入りBRAND

お気に入りBRAND

CHOICE BRAND

SELECT FROM THE FOLLOWING BRAND

BACK

BACK

NEXT

NEXT

このブランドをお気に入りBRNADに登録しますか?

登録する登録しない

閉じる