A.ランゲ&ゾーネが18KWGの“プール・ル・メリット”を発表 Watch the New|クロノス日本版[webChronos]

  • SNSSNS
  • 特集を見る
  • 正規店を探す
  • ブランドを探す
  • オーナーズマーケット
  • マイページ
  • ブログ
  • コミュニティ
  • ランキング
  • 質問
  • メンバー検索

Facebook

Twitter

webChronosの使い方

お気に入りBRAND

MENU CLOSE

高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos] TOP > Watch the New > A.ランゲ&ゾーネが18KWGの“プール・ル・メリット”を発表

Watch the New

A.ランゲ&ゾーネが18KWGの“プール・ル・メリット”を発表

「リヒャルト・ランゲ“プール・ル・メリット”」。手巻き(Cal.L044.1)。33石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約36時間。18KWG(直径40.5mm)。世界限定218本。844万円(税抜)。

 

 A.ランゲ&ゾーネがチェーンフュジー(鎖引き)機構を備えた「リヒャルト・ランゲ“プール・ル・メリット”」の18KWGモデルを発表した。

 

 チェーンフュジー機構とは、香箱と円錐型の滑車(フュジー)をチェーンを介してつなぎ、香箱から輪列に伝達される力を一定に保つ、往年の懐中時計から着想を得た仕組みである。ゼンマイが完全に巻き上げられた“力が強い”状態の時は、円錐滑車の円周が小さい部分を引っ張り、主ゼンマイが解けて“力が弱い”状態の時は円周が大きい部分を引っ張ることで、輪列に伝わるトルクを一定にするものだ。

 

 636個のパーツからなるチェーンの厚みはわずか4分の1mm。それだけ薄いにも関わらず、2kg以上の力に耐えられるが、過大な負荷がかからないように開発担当者たちはゼンマイが完全に巻き上がる寸前にゼンマイの動きを止める安全機構を考案した。

 

 チェーンフュジーの動力伝達方法では、ゼンマイを巻き上げる時と、解ける時の回転方向が逆になるため、ゼンマイを巻き上げる時も時計の駆動を維持する “遊星歯車機構”を搭載した。シースルーバックからはこうしたチェーンフュジー機構の主要部分を見ることが出来る。

 

 内部構造は複雑だが、外観はブラックの塗料でペイントされたシルバー製のダイアルと、18KWGのケースを採用したシンプルな作りだ。3時・6時・9時・12時位置のインデックスにプリントされた小さな赤い分表示と、スモールセコンドが端正な顔立ちに変化を与えている。

 

 

 

 

お問い合わせ先■A.ランゲ&ゾーネ Tel. 03-4461-8080

 

A.ランゲ&ゾーネが18KWGの“プール・ル・メリット”を発表 Watch the Newページになります。高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]オフィシャルサイトです。ブランド腕時計の最新情報やイベント情報、正規販売店を紹介致します。

ARCHIVES

CLOSE

CLOSE

お気に入りBRAND

お気に入りBRAND

CHOICE BRAND

SELECT FROM THE FOLLOWING BRAND

BACK

BACK

NEXT

NEXT

このブランドをお気に入りBRNADに登録しますか?

登録する登録しない

閉じる