バウハウス100周年に見るモダンウォッチ(後編)

FEATUREWatchTime
2019.12.25

2019年に100周年を迎えたバウハウス。1937年からの4年間は、バウハウスはナチスの圧力によって門扉を閉ざしていた。その時代を背景に、さまざまなドイツブランドの時計はみな同じような文字盤を採用していた。ノモスの名を例を挙げた前編に続き、ストーヴァについて紹介する。他にも、バウハウスの精神を継ぐポルシェデザインやラドーの時計をピックアップする。

●「バウハウス100周年に見るモダンウォッチ(前編)」を見る
https://www.webchronos.net/features/39611/

Originally published on watchtime.com
Text by Maria-Bettina Eich

バウハウスの精神を継ぐ時計

ストーヴァ

1937年製のストーヴァのモデル。文字盤はWeber&Baral社製。

 ストーヴァの創業は1927年。1996年にヨルク・シャウアーがブランドを買収してブランドのプロフィールを更新し、ブランドの歴史に焦点を移した。2004年には、1937年から続く「アンテア」シリーズの時計を、単に歴史的な時計を模倣しただけはない、モダンなデザインで発表。ノモスも、バウハウスにインスピレーションを受けた現代的な文字盤デザインの時計を1992年に発表している。

バウハウスの時計とアップルのデザイナー

 ストーヴァは、歴史的なデザインを一度リバイバルさせるだけでは満足しなかった。2015年にシャウアーは、クリエイティブ精神にあふれた、ブラックフォレスト出身の世界的デザイナーと話を進めていた。現在の日常生活の中で、その人物のアイデアに私たちが触れる機会は多い。彼の名はハートムート・エスリンガー。1944年に南ドイツに生まれ、1980年代のアップル初期の時代にスティーブ・ジョブズと共に仕事をしている。エスリンガーは現在カリフォルニア在住だが、折に触れてブラックフォレストに戻りシャウアーと時計のコラボレーションを行っている。

 エスリンガーは、アンテアのバウハウスの遺産の部分を強調することに意味があると確信していた。彼はシャウアーとのコラボレーションとして2015年にアンテア バックトゥ バウハウスを生み出している。彼はアンテアのインデックスを、1970年代に開発されたバウハウスのオリジナルフォント「バウハウス STD」に変更した。エスリンガーは同様に、アンテアのバーインデックスをドットに切り替えている。これによって、全体のイメージがダイナミックで統制の取れたものとなった。エスリンガーはアップルのデザインに繊細な丸みを帯びた基礎を与えた。彼がアップルを離れてからしばらく時間が経過したが、彼の築いたアイコニックなデザインは今でもiPhoneやApple Watch、イヤホンなどのパッケージに見ることができる。

ストーヴァ

バウハウスのアーティストはパステルカラーを好み、ハートムート・エスリンガーも同様であった。彼はこの時計を作ると同時に、アップルのデザイナーでもあった。ストーヴァのアンテア バック トゥ バウハウスのピンクバージョン。自動巻き(Cal.ETA2824)。SS(直径39mm)。50m防水。国内未入荷。

 エスリンガーはアンテアに、カラーバリエーションも持ち込んだ。彼はさまざまなパステルカラーのシャツを着用していたことでも知られるデザイナーであった。中でも「カリフォルニア」系の色を好み、ライムグリーンやスカイブルー、ラズベリーなどのカラーバリエーションがアンテア バック トゥ バウハウスに与えられた。ユンハンスと同様に、エスリンガーもバウハウスの巨匠、ヨハネス・イッテンの色相環を重視した。彼の念頭には、イッテンの弟子で自身もバウハウスの巨匠となったヨゼフ・アルバースもあった。アルバースはカラフルで繊細なニュアンスの正方形から構成される絵でも知られている。

 色彩は、時計がバウハウスの運動と結びついたとき、必ずテーマの中心になる話題だ。ノモスは2018年にバウハウスの時計を発表。「タンジェント "バウハウス・センチュリー"」は黄色い羊皮紙のようなトーンと、文字盤外周にあしらわれた原色が特徴の時計だ。ノモスはこのインスピレーションを、バウハウスで教鞭をとったパウル・クレーのスケッチから得ている。

バウハウス・ウォッチ ―現在のさまざまなアプローチ

 パウル・クレーやその同僚たちが時計デザインに携わった場合、どのようなタイムピースを生み出したかは知る由ない。もしバウハウスの教官や学生の誰かが造形大学が存続していた短い期間(1919~1933年)にデザインした、本当のバウハウスの腕時計というものが存在したら素晴らしいものであったに違いないし、その後、一部を模倣、改良したり、デザインの基準として使われたりしたであろう。だが実際には、そのような時計は存在しない。

 バウハウスの精神に則った時計作りを目指すとき、色、形、タイポグラフィの典型的なデザイン要素を実験することによって、誰でもおそらくそのデザインの本質に近づけることができるだろう。これにより、ノモスのようなレトロ調のものであったり、遊び心のあるユンハンスのフォーム A、またはデザインの歴史を振り返るエスリンガーとストーヴァのコラボレーションに見られるビンテージモデルを参考にしたデザインの歴史を振り返ることができる。

 現在の時計ブランドは、デザイン要素以上のものをバウハウスに結び付けている。バウハウスの哲学を重視しているのだ。バウハウスの精神と結び付くタイムピースには、ユンハンスのマックス・ビル ウォッチのようなバウハウスで学んだ学生が、その数年後にデザインしたものがある。それからタンジェントのような、バウハウスの外観要素と現代的感覚を併せ持つものもある。これに関連して、ノモスは、同社が1907年にドイツで設立され、建築家、デザイナーらで構成されたドイツ工作連盟(Deutscher Werkbund)のメンバーであることを強調している。高次元のデザイン精神が、両ブランドには見られる。

タンジェント

2018年、ノモスは原色のリングをあしらったタンジェントの限定モデルを発表した。「タンジェント "バウハウス・センチュリー"」。手巻き(Cal.アルファ)。17石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約43時間。SS(直径35mm)。コードバンストラップ。国内未入荷。世界限定100本。(問)大沢商会 Tel.03-3527-2682

バウハウスの精神を生かし続ける

 ポルシェデザインの時計は「バウハウスのリロード」のようには見えないが、バウハウスの考え方の内に留まっているといえる。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ(以下F.A.ポルシェ)は伝説的なスポーツカー、ポルシェ911をデザインし、プロダクトデザイナーとして名を上げ、ポルシェデザインを設立した。F.A.ポルシェは、機能性と使いやすさの両方の観点からブラックウォッチとチタンウォッチ(後者はIWC向け)を設計した。チタンの軽量性はすぐに理解されたが、ブラックカラーを採用したのは実利的な理由からであった。自動車メーカーのファミリーの子孫として、レースカーのクリアな視認性と反射率の低いダッシュボード機器を念頭に置いていた。そして彼は既成概念にとらわれず、バウハウスの芸術家と同じ自由で実験的な精神を持っていたので、それに応じて斬新な結果に到達することができたのだ。ポルシェのデザイン精神は何もないところから生まれたのではなかった。彼もまたウルム造形大学の学生として、現代的で技術的に馴染み深いアイデアに多く触れたのである。

 F.A.ポルシェは2012年に逝去したが、オーストリアのツェル・アム・ゼーにあるポルシェデザインのスタジオチームは、彼の発想を継続している。バウハウス創立年を名前に冠した現在のウォッチコレクション「1919グローブタイマー UTC」は、ダークカラーのチタン素材を採用し、時計が手首に浮かんでいるように見えるラグの開口部が特徴だ。これは軽量素材を際立たせるとともに、文字盤とそのタイポグラフィの技術的な外観は機能性に焦点を当てている。F.A.ポルシェは、機能性に注目した時に、フォルムはおのずと表れると信じていた。この考え方には多くのバウハウスのアーティストが、共感を覚えたであろう。このウォッチ・コレクションは、革新的なデザインを通してパフォーマンスを見せてくれる。

1919グローブタイマー

ポルシェデザイン「1919グローブタイマー UTC」。自動巻き(Cal.WERK04.110/セリタ200ベース)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。Ti(直径42.00mm、厚さ14.90mm)。10気圧防水。Tiブレスレット。92万円(税別)。(問)ノーブルスタイリング Tel.03-6277-1604


 モダンなデザインの大きな成果から、現代​​の消費者にとって魅力的な時計を作ることができるかどうかという疑問に、ラドーは答えを用意している。「トゥルー シンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエ」は、バウハウスのアーティストにではなく、20世紀初頭にアバンギャルドなデザインの頂点に立ったル・コルビュジエに捧げられている。スイスの建築家ル・コルビュジエは、別荘、ブロックでできた集合住宅、教会を建てただけでなく、画家であり家具のデザイナーでもあった。長年にわたり、彼は独自の建築用カラーパレットを作成および改良させていき、その商標は「Organization Les Couleurs Suisse」によって保護されてる。ラドーはこの組織とパートナーシップを結び、9種類の単色セラミックス時計を発表した。ブレスレット、ケース、文字盤、針、マーカーすべてにおいて同じ色が採用されている。スリムでしなやかなフォルムで、色に焦点を当てるようにデザインされている。

トゥルー シンライン

ル・コルビュジエが開発した色調を採用する、ラドー「トゥルー シンライン レ・クルール™ ル・コルビュジエ」。クォーツ。ハイテクセラミックスケース(直径39.0 mm、厚さ5.0mm)。30m防水。21万円。(問)ラドー/スウォッチ グループ ジャパン Tel.03-6254-7330

 これらのカラフルな時計を楽しむのに、ル・コルビュジエやデザインの歴史について詳しく知る必要はない。ユンハンスやノモス、ストーヴァ、ポルシェデザインなどのバウハウスに着想を得た時計のように、ラドーはモダンデザインの精神と発想を取り上げて、リッチで実用的な現在の時計として生み出した。そこには時計を美術館に飾ろうという考えはない。