MEMBERS SALON

第3回「第四増減」(1/3)

古川直昌(ウェブクロノス):文
Text by Naomasa Furukawa(webChronos)

 Z不動産と同じく隣町のKに居を構えるXエステイトは、超高級分譲マンションの販売で知られる準大手不動産会社である。

 担当の名をYといった。

 XとYなんてまるで座標軸じゃないか。Fは大の苦手だった数学の絶望的な授業風景を思い出し、そうひとりごちた。

 アマンジウォの自室テラスにある小さなプライベートプールで沐浴をした後、いかにもジャワのリゾートホテルらしいガセボに寝そべって、Yからのメールをあらためて読み返してみた。ちょうどラマダンの真っ最中とあって、拡声器から怒号のように鳴り響くコーランの絶唱がBGM代わりだ。

 PDFファイルで届いた査定書には、ここ1年の間に売買契約が成立したF家の近隣マンションの販売価格が数多く記されていた。どうやら、界隈の同じ間取りのファミリー向けマンションは、いま現在のところ坪単価187万円前後が相場らしい。

 Fは「居住面積の広さ」が売却するうえで最大の武器になるだろうと踏んでいる。しかし、近隣の、我が家とほぼ変わらない居住面積をもち、さらに約50㎡の屋上ガーデンを備えた物件KKKの成約価格が5580万円にとどまっていた。築年数18年という点が減価原因となっているらしい。我が家とほぼ同時期に建ち、Fが「長年のライバル」と勝手に位置づけている二棟のマンションのうち、総戸数400に迫るQRは居住面積94㎡で5700万円の値をつけている。坪単価は200万円超えだ。24時間体制で管理員が常駐し、豪奢な車寄せやエントランスの共用スペースを持つQRは、最寄駅まで徒歩で30分近くかかるものの、公立の小学校や中学校へのアクセスが抜群に良いなどの理由で、中古物件が売りに出ると、即座に買い手がつく。そういえば以前、小学生の次男の口から「QRはロビーにジュースの自販機があるからいいなぁ」などという、実に子どもじみた羨望のことばを聞いたことがある。どうやら、こうした拙い切望を実現している点も、ファミリー向けに特化したQRの人気の秘訣のようだ。

  1 2 3  
前の記事

第2回「楽園の様式」

次の記事

第4回「原発について」

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP