MEMBERS SALON

カルティエ/タンク Part.2(1/4)

Cartier Archives. Paris.
オリジナルタンクのケース設計図。極めて直線的なデザインと、上下を貼り合わせるというケース構造が見て取れる。
広田雅将:取材・文 吉江正倫:写真
[連載第11回/クロノス日本版 2012年9月号初出]

アイコンの誕生
黎明期のウォッチデザインからタンクまで

1919年に登場したタンクは、アールデコ風の、幾何学的な意匠に特徴があった。
しかしこの時計が成功を収めた理由は、明快なデザインだけには限らない。
1911年に商品化されたサントスに始まるカルティエの長い試行錯誤は、
タンクの造形に、非凡な完成度を与えることになったのである。

  1 2 3 4  
前の記事

カルティエ/タンク Part.1

次の記事

カルティエ/タンク Part.3

おすすめ記事

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP