MEMBERS SALON

ジラール・ペルゴ/ヴィンテージ 1945 Part.2(1/3)

故ルイジ・マカルーソ、デザイナーとしての横顔

スイスに“マニュファクチュール”という定義を与えた人物が故ルイジ・マカルーソであった。
1992年にジラール・ペルゴのCEOに就任した彼は、その辣腕でたちまちスイス時計業界に大きな影響を与えた。
しかしそんな彼が、デザインにも卓越した手腕を持っていたことは、案外知られていない。

広田雅将:取材・文 吉江正倫:写真
[連載第28回/クロノス日本版 2015年7月号初出]

「ロレアート」を腕に巻くルイジ・マカルーソ。筆者が2006年に初めてインタビューした際のポートレートである。その際、彼はデザインの秘訣をいくつか漏らしてくれた。

 1979年、デスコ・ド・シュルテスがジラール・ペルゴを買収した。以降同社は高級クォーツに活路を見出したが、結果として、経営を悪化させるだけに終わった。新しく経営者に抜擢されたのが、同社の技術部長であったフランソワ・ベッソンである。就任してすぐに彼は、ルイジ・マカルーソに電話をかけた。今後ジラール・ペルゴはどうすべきかというのがその内容である。マカルーソの答えは、機械式クロノグラフを開発することであった。

 当時マカルーソは、イタリア最大の時計代理店であるトラデマ・イタリアのCEOとして、ハミルトンとブライトリングをイタリア市場で成功に導いた。ベッソンは、トラデマの販売力にも注目したのだろう、彼をジラール・ペルゴの取締役会に招聘した。

 ルイジ・マカルーソ。スイス時計業界に〝マニュファクチュール〟という概念をもたらしたこのトリノ人は、実のところ、それ以上にデザイナーやプロダクトマネージャーとしての才能に長けていた。

 一例が、彼がイタリア市場で販売したブライトリングである。83年に登場した「クロノマット」が、なぜイタリア空軍の「フレッチェ・トリコローリ」との共同開発だったのか。本当の理由は、イタリア人のマカルーソが進めた企画だったからである。のみならず彼は、最初のクロノマットのスケッチさえ描いている。現在クロノマットのデザインには、エディ・ショッフェルが携わったと考えられている。しかし実際のところ、原型を作ったのは、ルイジ・マカルーソだったのである。

 もうひとつの例が、ハミルトンだろう。彼は当時まだハミルトンの本拠地があったアメリカに飛び、クォーツしか作っていなかった同社に機械式の「カーキ」復活を勧めた。このモデルは、後にハミルトンの屋台骨を支えることになる。ちなみに、後年ダニエル・ジャンリシャール(現ジャンリシャール)が復活した際、そのコレクションがハミルトンに似ていたのは、決して偶然ではないだろう。

 ベッソンに対してマカルーソが機械式クロノグラフを作るよう勧めたのは、当然の成り行きだった。そして生まれた「GP7000」(87年)は、大ヒット作となった。

 80年代の後半以降、ベッソンはジラール・ペルゴの株式の大多数を所有するに至った。彼の引退時にそれを買収したのが、取締役だったマカルーソである。以降彼は、ジラール・ペルゴのCEOとして、辣腕をふるうようになった。彼が推し進めた「マニュファクチュール化」については、さまざまな書籍やウェブサイトで記されているので、ここで紙幅を割こうとは思わない。

 むしろ今回触れたいのは、彼のデザイナーとしての功績である。かつて建築家を志した彼は、CEOになる以前から、デザインにも才能を見せていた。マカルーソはジラール・ペルゴに数多くの傑作を遺したが、そのうちのひとつは、いうまでもなく「ヴィンテージ 1945」である。

ヴィンテージ 1945の原型となったモデル。ただしこの個体は、おそらく1948年製。搭載するのは、やはりCal.86だ。

 ルイジ・マカルーソの長男であり、現在ジラール・ペルゴで開発部長を務めるステファノ・マカルーソ氏。彼は、ルイジに最も近い人間として、次のような感想を述べた。

 「90年代初頭、父はかつてのジラール・ペルゴに触発されたモデルをいくつか発表しました。私の記憶に依れば、それは1967と小さな女性用の時計だったはずです。しかし、これらの時計以上に成功を収めたのが、ヴィンテージ 1945でした。彼はこの時計が、ジラール・ペルゴが体現するエレガンスに最も近いと考えていましたね。レクタンギュラーケース、カーブしたケースの形状、ケースに統合されたストラップ、そしてケースの角に加えられた4つのバーなど……」

 ルイジ・マカルーソはジラール・ペルゴのすべての時計をデザインしたが、その詳細をほとんど語らなかった。ただ遺された時計と、少ないインタビューから、それを推測することは可能だ。では、マカルーソのデザインは、どこに特徴があったのだろうか。

 ステファノ・マカルーソ氏が語ったように、90年代、ルイジはジラール・ペルゴの古典に範を取ったモデルをいくつかリリースした。そのひとつが、94年の「ヴィンテージ94」である。搭載していたのは、手巻きのプゾー7001。このモデルの成功に触発されたのは間違いない。彼は翌年、よりクラシカルな「ヴィンテージ 1945」を発表した。このモデルも、搭載していたのはやはりプゾー7001だ。しかしマカルーソ氏は、この復刻版に、必ずしも満足していなかったようだ。


1940年代のアメリカ向け広告。掲載された時計が、すべて“角型”であることに注目。1930年代以降、ジラール・ペルゴは丸型以外の時計を、当時最大のアメリカ市場に投入した。
  1 2 3  
前の記事

ジラール・ペルゴ/ヴィンテージ 1945 Part.1

次の記事

ジラール・ペルゴ/ヴィンテージ 1945 Part.3

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP