MEMBERS SALON

リシャール・ミル/トゥールビヨン1945 Part.3(1/3)

超難切削材に挑むリシャール・ミル専任の自社ケース工房

リシャール・ミルの共同設立者であるドミニク・ゲナ氏が率いる自社ファクトリー「オロメトリー」に続いて、2013年に設立されたリシャール・ミル専任のケース工房が「プロアート・プロトタイプス」である。
極小生産を得意としてきた小工房を母体とするここで、ゴールド素材以外のほとんどが“超難切削材”となるリシャール・ミルのケースが生み出されている。

広田雅将、鈴木裕之:取材・文 三田村 優:写真
[連載第29回/クロノス日本版 2015年9月号初出]

チタンの無垢材から切削加工されるリュウズプロテクター。プロアート製のパーツは、ブレスレットやケースの他、地板、受け、ローター、針、ダイアルベース、キドメなど。ペイントやデカルクはオロメトリーの子会社であるVMDHの担当。

チタン製のベゼルは約1年前から、スタンピングで生じる残留応力の影響を嫌って、全切削に製造工程を改めた。円柱状の母材から2枚を同時に削り出してスライスする。大量に発生するチタンダストは回収して、リサイクル材として再利用される。

同じく「RM 27-02」のベゼル、バックケースに用いられる切削母材。NTPT®カーボンとクォーツTPT®を積層させたニューマテリアルである。1枚の母材からベゼルとバックケースを削り出すため、そのペアリングは厳密に管理されているようだ。

最新作「RM 27-02」のミドルケース。地板部分が一体化された構造で、素材にはNTPT®カーボンを用いる。140ものツールコンテナを備えた5軸CNCを駆使するだけでなく、5万rpmもの超高速スピンドルと大量のオイル冷却を併用する。
  1 2 3  
前の記事

リシャール・ミル/トゥールビヨン1945 Part.2

次の記事

セイコー/セイコーダイバー Part.1

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP