MEMBERS SALON

ウブロ/ビッグ・バン[ウニコ&コンプリケーション編]Part.2(1/3)

マニュファクチュールとしての進化を示す自社製クロノグラフ〝ウニコ〟の熟成

2009年10月に、そのプロジェクトの一端が先行公開されたウニコ。
多くのムーブメントサプライヤーが開発に参加しつつ、コンセプチュアルな次世代クロノグラフとして仕上げられた点に“ウブロらしさ”が光る。
しかしそれ以上にウニコがもたらした成果は、マニュファクチュールとしての確固たる生産体制を確立させた点にある。

広田雅将、鈴木裕之:取材・文 吉江正倫、三田村 優:写真
[連載第31回/クロノス日本版 2016年1月号初出]

ビッグ・バン
ウニコ ブラック&ホワイト

ビッグ・バン10周年を記念した日本限定モデル。ブラックステッチが施されたホワイトクロコダイル製のストラップがクールな印象を醸す。自動巻き(Cal.HUB1242)。38石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。Ti(直径45mm)。220万3200円。

ビッグ・バン
ウニコ キングゴールド セラミック

18KゴールドにPtを添加したウブロの独自レシピ「キングゴールド」をケースに採用したウニコ搭載機。自動巻き(Cal.HUB1242)。38石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。18Kキングゴールド×ブラックセラミックス(直径45mm)。420万1200円。


 日本に〝ウブロ自社製ムーブメント〟の第一報がもたらされたのは2009年10月26日。この日、日経フォーラムの世界経営者会議に招かれたジャン-クロード・ビバー(当時CEO)は、その席上で「ウニコ・プロジェクト」の一端を明かし、同時にデタッチャブル脱進機の開発画像を開示している。翌10年のバーゼルワールドで正式発表されるウニコだが、この段階ではまだまだ開発の途上にあった。09年と言えば、6月にニヨンの本社社屋が落成したばかりで、マニュファクチュールとしての生産体制の確立と、R&D部門の拡充が急がれていた時期である。かつて本誌がウニコのインダストリアゼーションと熟成開発を担った同社ラボラトリーを取材した際に、その基礎設計は08年より遡ることはないらしいとの感触を得ていたが、さらに明確な解答が得られたのでお伝えしたい。新たな証言者となったのは、リカルド・グアダルーペである。12年からCEOを引き継ぐことになる氏だが、ウニコ開発当時はゼネラルマネージャーとしてプロダクトとマーケティングの両面に辣腕を振るっていた。言い換えれば、ウニコ開発を現場で指揮した人物である。その証言に拠れば、ウニコの基礎開発は07年から始まっていた。初期コンセプトは、オールドメカニズムを用いたモダンアプローチ。そして積算機構を文字盤側から見せること。この辺りは、いくつも残されているビバーの証言と完全に一致する。しかしグアダルーペの新証言に拠れば、モダンアプローチとは、当時の先進素材であったシリコンをムーブメントパーツに盛り込むことだったようだ。ウニコのシリコン脱進機は、開発過程で盛り込まれたものではなく、最初から意図されたものだったのだ。

ビッグ・バン
ウニコ チタニウム ダイヤモンド

最も静謐な印象を与えるTiベゼルに、2ロウのブリリアントカットダイヤモンドをセット。Ti素材の持つマットな質感とのコントラストが秀逸だ。自動巻き(Cal.HUB1242)。38石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。Ti(直径45mm)。288万3600円。

ビッグ・バン
ウニコ ブラックマジック

漆黒のセラミックスをケースとベゼルの双方に採用した、ウブロらしいブラックモデル。マットな質感が凄みを醸す。自動巻き(Cal.HUB1242)。38石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約72時間。ブラックセラミックス(直径45mm)。227万8800円。


 自社によるR&Dの体制を確立させた現在のウブロにおいても、その上限は約80%に留められている。これは〝優れたR&Dには外部からの刺激が不可欠〟とする開発姿勢の表れである。ウニコの開発が緒に就いた07年当時と言えば、さらにその比率は大きかったはずだ。果たしてウニコの開発には、いくつかのサプライヤーが参加してのディスカッションが繰り返されたようだ。後にウブロの研究開発部門として吸収される旧BNBコンセプトを筆頭に、有力なサプライヤーたちが携わったようで、才気あふれる彼らとのパートナーシップが、後のウニコに結実してゆくことになる。

  1 2 3  
前の記事

ウブロ/ビッグ・バン[ウニコ&コンプリケーション編]Part.1

次の記事

ウブロ/ビッグ・バン[ウニコ&コンプリケーション編]Part.3

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP