MEMBERS SALON

巻き上げ機構 第4回「自動巻き Part3」(1/3)

ピアジェ 12P
超薄型と自動巻きの両立を目指して開発されたピアジェの自社ムーブメント12Pは1960年発表。マイクロローターを採用し、2.3mmという当時の自動巻き世界最薄記録を達成した。ローターに純金を用い(24の刻印がある)、その裏に大きな歯車を組み入れるなど、巻き上げ効率を高める工夫を凝らした。30石。直径28.1mm。1万9800振動/時。

ピアジェ 1208P
12Pの初出から50周年を迎えた2010年に、マイクロローター自動巻きの系譜を受け継ぐ超薄型ムーブメント1200Pを発表。同系の1208Pは、12Pとほぼ同じ厚さ2.35mmを実現し、スモールセコンド付き自動巻きムーブメントとしては2010年当時で世界最薄だった。マイクロローターは22Kゴールド製。27石。直径29.9mm。2万1600振動/時。


菅原 茂:文
Text by Shigeru Sugawara

 自動巻きにとっての技術的な課題は、巻き上げ効率や機構の耐久性にとどまらない。腕時計の美的デザインにも影響してくる“厚さ”もまた課題になる。それは、時代の価値観とも大いに関係していた。主要な時計メーカー各社から自動巻き腕時計が出そろう1950年代から60年代にかけては、薄型の全盛期でもあり、薄くエレガントであることが高級時計の品格を語り、時計メーカーの技術力を証明する時代だった。自動巻きも例外なくそれに応える必要があったのだ。

 センターローターが備わる自動巻きムーブメントは、ローターと切り替え機構などが層を成し、それらがかさばる分だけ手巻きムーブメントよりは厚くなる。そこで考案されたのが「マイクロローター」式の自動巻きだ。ローターをムーブメントに重ねるのではなく、それを小型化してムーブメント内に格納するマイクロローター式の自動巻きがスイスのビューレンによって特許登録されたのは1954年のこと。同社では「ミニローター」と呼んでいたが、そのキャリバー1000は4.2mm(日付表示付き1001は4.8mm)と当時としては非常に薄く、搭載モデルには「スーパースレンダー」という名が付けられた。

 マイクロローター自動巻きムーブメントの最大の特色である薄さはさらに進化を続け、1960年にピアジェが開発したキャリバー12Pの2.3mmは、当時の世界最薄記録を樹立した。1957年にピアジェが発表した手巻きの超薄型キャリバー9Pが2mmジャストなので、自動巻きでも厚さがほとんど変わらなかった。マイクロローターによる超薄型自動巻きの伝統は今に引き継がれ、伝説の12Pの現代バージョンと呼べる1208Pにおいても、わずか2.35mmという驚異的な薄さを実現し、今のところ市場に出ている自動巻きムーブメントではやはり世界最薄である。

  1 2 3  
前の記事

巻き上げ機構 第3回「自動巻き Part2」

次の記事

巻き上げ機構 第5回「パワーリザーブ Part.1」

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP