MEMBERS SALON

【Car】「マクラーレン720S スパイダー」が発表! わずか11秒でクーペからオープンへ(1/1)

McLaren 720S Spider
マクラーレン 720S スパイダー

[GENROQ Web 転載記事]

18年度は43,9%増の4806台を販売

 今や絶好調の波に乗るマクラーレン。そのフラッグシップにあたる720Sのオープンモデル「720S スパイダー」が日本に上陸し、正式に発表された。

 会場では、日本支社代表の正本嘉宏氏から、2018年度におけるセールスも公表され、世界規模では前年対比43.9%増の4806台を販売、日本市場においても44%増加の222台をリリースしたことを交えて、新作「720Sスパイダー」が紹介された。この調子だとマクラーレンのビジネスプラン”Track25”で掲げた年産6000台もけっして夢ではなさそうだ。

11秒で完了するオープン/クローズド

 この「720Sスパイダー」は、当然ながらこれまでラインアップされていたクーペのオープンモデルだが、最大の特徴は、重量の増加をクーペ比でわずか49kgに抑えていることだろう。車名こそ名言しないものの、競合車と比較した場合、88kgも軽いとマクラーレンは胸を張る。

 もちろん、昨今の主流でもある走行中の開閉も可能。50km/hまでなら11秒でカーボン製のリトラクタブル・ハードトップはオープン/クローズドを完了する。しかもこの720Sスパイダーで特筆すべきは、エレクトロクロニック・ガラスと呼ばれる半透明から透明の状態に変わるルーフ部が与えられている。これにより、クローズド時でも開放感に溢れた室内を演出できることになるから、ライバル勢よりも一歩抜きん出ていると言えよう。

クーペと同等の性能を継続

 パフォーマンスもさすがはマクラーレン。0-100km/h加速はクーペと同様の2.9秒、最高速度は341km/h(クローズド時)を実現。すでに世界中から高い評価を得ているV型8気筒ツインターボユニットだけに信頼性も確かだ。

 それを活かすのもマクラーレンでは常識となっているカーボンモノコック=カーボンモノケージⅡ-Sのおかげだ。元からコア部分にはロールオーバープロテクションシステムを一体化しているため、スパイダーを製作するにも追加補強など行っていないというから如何に強固かつ軽量に仕上げられているかがわかるはずだ。

 日本における販売価格は、3788万8000円から。2019年3月より納車が開始されるという。

【SPECIFICATIONS】
マクラーレン 720S スパイダー
ボディサイズ:全長4543×全幅1930×全高1196mm
ホイールベース:2670mm
トレッド:前1674 後1629mm
乾燥重量:1332kg
車両重量:1468kg

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:4.0リッター
最高出力:537kW(720ps)/7500rpm
最大トルク:770Nm/5500〜6500rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:RWD

ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式:前後ダブルウイッシュボーン
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク(カーボンセラミック)
ローター径:前390 後380㎜
タイヤサイズ(リム幅):前245/35R19(9J) 後305/30R20(11J)

最高速度:341km/h
0→100km/h加速:2.9秒
0→400m/h加速:10.4秒

CO2排出量(EU):276g/km
燃料消費量(EU複合):11.6L/100km


Contact info: マクラーレン オートモーティブ https://jp.cars.mclaren.com

前の記事

日本初の「グランドセイコーブティック」が創業の地・銀座にオープン

次の記事

丸善 丸の内本店 4階時計売場にてオリス フェア開催

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP