MEMBERS SALON

歴代V8フェラーリへのオマージュ、「F8 トリビュート」デビュー!(1/1)

[GENROQ Web 転載記事]

Ferrari F8 Tributo
フェラーリ F8 トリビュート

ベストセラー「488 GTB」の後継モデル

 フェラーリは、3月5日のジュネーブ・モーターショーでの公式発表に先立ち、新型「F8 トリビュート(Tributo)」のオフィシャル画像を初公開した。フェラーリの2シーターベルリネッタの究極のモデルとして創造された、最新のミッドリヤエンジンスポーツカーと、フェラーリは胸を張る。

「F8 トリビュート」は、「488 GTB」の後継モデルとなり、エクステリアを含め全面的な見直しを図った結果、限界域での操縦性能や快適性が大幅に向上。先代モデルと比較すると、最高出力が50cvアップし、大幅な軽量化も図られた。エアロダイナミック効率が10%上回るほか、最新バージョン(6.1)の「サイドスリップ・アングル・コントロール・システム」も搭載する。

「ベスト・オブ・ベスト」受賞のV8エンジン搭載

 720cvという圧倒的な最高出力と、185cv/lという記録的な比出力を誇るV8ターボエンジンは、スペシャルシリーズを除くフェラーリ史上最もパワフルなV8となる。総排気量3902ccのV8ターボエンジンは、2016〜2018年にかけて3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」の「最優秀エンジン」に輝いおり、2018年には過去20年で最も優秀なエンジンを選出する特別賞、「ベスト・オブ・ベスト」も受賞している。

 ターボラグを全く感じさせることなく720cvの出力を発揮し、どの回転域でも刺激的なエグゾーストノートを堪能することができる。自然吸気エンジンに匹敵するこの抜群のレスポンスは、先進のビークルダイナミクスソリューションにより実現。合わせて、操縦性能も大幅に向上したという。

 この結果、多くのドライバーが限界域でのパフォーマンスを簡単に引き出し、コントロールできるようになった。また、ステアリングホイールの小径化によってグリップ感覚も強化。細かなステアリング操作に反応する車輌の挙動がより明確につかめるようになった。

 軽量化に力を注いだ結果、乾燥重量は「488 GTB」よりも40kg軽くなり、キャビンの快適性を犠牲にすることなく、応答性能とドライビングプレジャーも強化されている。

エアインテークはリヤスポイラー両側に移動

 ボディに採用された先進のエアロダイナミクスは、並外れたエンジンパワーを最大限活用することを可能とした。「488 Pista」と同様に、「F8 トリビュート」の空力パッケージもサーキットで培われた経験が、最大限注ぎ込まれている。

 後傾マウントのフロントラジエターをはじめ、ボディ側面後部からリヤスポイラー両側に設置場所を移したダイナミックエンジンエアインテークなど、エンジンの熱管理に関するいくつかの機能を「488 Pista」から受け継いでいる。

「488 Pista」で初導入の「S-Duct」を搭載

 フロントセクションは「488 Pista」で初めて導入された「S-Duct」を搭載。しかし、このエリアの広範囲にわたる再設計によってデザインが大きく刷新された。この結果、「488 GTB」よりも増大した総ダウンフォースにおける「S-Duct」の貢献度は15%まで向上したという。

 よりコンパクトになったフラットタイプの新型LEDヘッドランプの採用により、ブレーキ冷却用の新型インテークをバンパー外側のインテークと一体化。これはさらなる高速化に向けた対応策として、ホイールアーチ全体の気流を改善することで、ブレーキシステムのサイズの拡大を避けることを目的としている。

リヤエンジンフードはF40へのオマージュ

「F8 トリビュート」でも新型レキサン製リヤウインドウを透して、エンジンルームを見ることができる。これは、「フェラーリF40」の特徴的なデザインを現代的にアレンジしたもの。リヤウインドウのルーバーは、リヤ付近で発生するダウンフォースの増加に向けて、ブロウンスポイラーの効率に悪影響を及ぼすことなく、エンジンルーム内の熱気排出を促す。

 また、スポイラーはテールライトを包むことで、視覚的に車輌の重心位置を下げ、ツインライトクラスターとボディカラーのテールパネルというクラッシックなテール構成を蘇らせた。これはV8シリーズ最初のモデル、1975年製「308 GTB」をはじめとする、初期の8気筒ベルリネッタのシンボルのひとつだ。



クラシックながらも最新のデバイスを採用したコクピット

 キャビンはドライバー重視のクラシックなコックピットデザインを踏襲。ダッシュ、ドアパネル、トランスミッショントンネルなど、個々の要素はすべて再設計された。

 新世代HMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)に加え、円形エアベント、新型ステアリングホイール、新形状のスイッチ類、新型7インチのパッセンジャー・タッチスクリーンディスプレイなど、インテリアデザインは最新のモデルにふさわしいデザインに一新されている。

【SPECIFICATIONS】

フェラーリF8トリビュート
ボディサイズ:全長4611 全幅1979 全高1206mm
乾燥重量:1330kg

エンジン:90°V型8気筒ガソリンターボ
総排気量:3902cc
最高出力:720cv/8000rpm
最大トルク:770Nm/3250rpm

0-100km/h加速:2.9 秒
0-200km/h加速:7.8 秒
最高速度:340km/h

前の記事

3月9日(土)から全国のタグ・ホイヤー正規販売店でブライダルフェア

次の記事

ローマン・ゴティエ初のステンレススティールモデルが登場

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP