1月のカレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のブログ

最近のコメント

各月のブログ

塩イチゴさんのブログ

(一般に公開)

塩苺です2018年01月10日16:12
元の名前で出てこようと思ったら
誤変換が面白くそのままこれでお願いします。

数年間時計とのつながりは友人に時たま会うほかはロービートさんに
記事を書かせていただくぐらいだったのですが、最近また時計に目を向けてます。

今一番使っている時計がこのセイコープレサージュSARX055です。
この時計、チタン製なのですが高級ラインのセイコーお得意のブライトチタンではなく
純チタン(+ダイヤシールド)です。セイコーの純チタンですと私セイコーダイバーの
いわゆるショーグンも持っていますが、そちらに比べるとあまりチタンならではの
暗い色目が気になりません。それはケースやブレスレットに効果的にポリッシュ面を
入れてあり、そちらがキラッと輝くためなのです。
チタンの鏡面ポリッシュはそれはそれは大変で、安いチタン時計だとポリッシュしてあっても
ダルダルですし、だいたいあまりポリッシュ面使わずつや消しにしちゃうものですが、
このSARX055はステンに劣らぬほどバリっとしてます。
針やインデックスも曲げてあるとかはしておらず凝った仕上げ、とまでは言えませんが、
たぶんレーザーカットでびしっと光っており、まあ雲上ほどとかグランドセイコーほどとは
キズミ持ち出すといえませんが、まあ云倍はするメーカーでもこれより劣る仕上げなんて
ザラ、なレベルです。セイコースゲー。
和紙様、とされる文字盤はグランドセイコーの雪原文字盤よりはやはり簡略化されているので
しょうが、まあ十二分に繊細で凝っていて、またつや消しの効果があるため輝く針や
インデックスと対比になり視認性も文句がありません。

ムーブメントはセイコーの中級機以下ですっかりおなじみになった6R15ですが、
これいつの間にかマイナーチェンジが進んで6R15Dになっておりました。まあ6R15Bの
時点で十分熟成されていたのでワーキングホースとしては十二分です。
シースルーバックから見えるムーブメントは相変わらずローターだけストライプパターン
+錘のタングステンですが、その下のブリッジなどの仕立ては相変わらずストライプだの
ペルラージュだの仕上げはされていませんが、ざっくりした仕上げとはいっても以前と違って
面取りされており、また掘削痕もより浅く目の揃ったものになり、以前はグランドセイコーの
9Sであってもねじ頭が丸くぐずついたものまであったのが平のキレイなねじが使われているなど
昔の7Sなんかと比べると月と鼈でして、とりあえず十分ではないかと思うのです。
(でも今年のリークに6L35なるムーブメントが乗っていてそちらも期待したいですが…)

精度は相変わらず4R・6Rが安定して以降の7Sも含めての素晴らしい精度で5日連続で
使ったときは合計で+4秒でした。こんな素敵な時計が10万円ぐらいで買えるのですから
時計趣味も捨てたものではありません。普通に使う分にはこれで十二分なんじゃないかと、
かつ現行機械式でそのレベルのものがあるのがうれしくなりました。
とは言っても十分より上のものをつつきたくなるのが時計オタなんですけどね。

コメント

1番~9番を表示

2018年
01月10日
17:37

先日立ち読みしてたら偶然、「ロシアンウォッチ」の記事を拝見(笑
アチラの世界もまさに魔界ですね。
またデジカメ含めて色々と見識をご披露ください。

2018年
01月10日
19:08

復活?おめでとうございます。
甘酸っぱくてしょっぱい評論楽しみにしています。

2018年
01月10日
19:28

ゼンマイオヤジ様
またよろしくお願いします。
主にデジカメ弄ってました(汗
ペンタックスに凝ってたんですが絶望的に動体弱く
運動会ミスしまくり結局静止画は主にキヤノンの80D
動画にパナGX7mk2,ポケットにGM5で落ち着いてます。
HTC U11にスマホ代えてかなりカバーできてしまってますが。

2018年
01月10日
19:31

ジェジェ様
酸っぱくてしょっぱいんで辛口ですね(汗
ガチのスイートスポットがロービートさんの前(19世紀
と後(80-2000年代初頭)なんでいつも頭捻ってます(汗

2018年
01月10日
19:39

>動画にパナGX7mk2,ポケットにGM5で落ち着いてます。

激しく同意!(笑

GM1&5使ってますが、
この携帯性を超えるカメラは現在ありません、、、って、話題がソレてスマン。。。

2018年
01月11日
05:53

偽物が現れたのかと思ったら(笑)

プレサージュは量販店で見たら一瞬GSが並んでいると思うほど外装良くなってますね。
同じく、アンダー10万でもここまでやるセイコーはスゲーと思いました。

2018年
01月11日
13:25

ゼンマイオヤジ様
GM1&5はいまだ孤高ですね…。

ワールドタイム様
直接並べると微妙に違いますが、まあ正直隅々までの気の届き方は
しばらく前のGSより良かったりするんで時計に興味持ったけど、って
ぐらいの人にサファイアグラス積んでいるクラスのプレサージュとかプロスペックスは
最善の選択の一つかと。

2018年
01月13日
01:27

塩イチゴ さん、こんばんは。

私も「ロシアンウォッチ」の記事を楽しく拝読させていただきました。
(雑誌自体も購入して、手許にあります)

Seikoには少々暗いですが、ロシア製(ソ連製)の腕時計は彼此20年近く
所有しており、今も微々たる量ですが、増えています。

と若干自己紹介風の文章となりましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

2018年
01月16日
16:31

矢切の渡し守さん
こちらこそよろしくお願いします。
ソビエト時代の時計ってなんかいいですよね。

1番~9番を表示

コメントを書く

本文
写真1
写真2
写真3
Chronos定期購読のお申し込み