LEMさんのブログ

(一般に公開)

宇宙時計メモ ロシア (一般に公開)2018年09月12日22:25
世界初の宇宙時計はロシア製(ソ連製)のシュトルマンスキー。
ガガーリンが使用しました。クロノグラフではなく普通の3針手巻き。
現在のロシアでは一応フォルティスになっているようですが、こちらは7750自動巻クロノグラフ。
自動巻が宇宙で機能するのかどうかは正確に答えられないところがあります。
慣性力、様々な外力を考慮すれば機能しないとは言い切れませんが無重力状態では非常に不安定であるとは言えるでしょう。NASAも候補選定条件に自動巻であるならば手巻き機能が付属していることを条件にしていました。
フォルティスもおそらくは手動で巻き上げられていることと思います。尤も、宇宙ステーション内ではきっと通常のクオーツ時計が使われているかもしれません。
宇宙は未知の世界としては非常に有望なプロパガンダの世界であります。

コメント

1番~5番を表示

2018年
09月12日
22:55

1: LEM

蛇足ですが、フォルティスはハーウッドと共に世界初の自動巻時計を作ったメーカーでもあります。自動巻であっても宇宙で使えることを実証した意義は大きいですね。少なくとも壊れなかったということですから。

2018年
09月13日
20:32

自動巻きクロノグラフを宇宙空間に持ち込まれたのは、FORTIS:B42 が先か Sinn:140/142 が先か...

両モデル共に所有しておりますが、裏蓋はSinn の方が格好良いです。

FORTIS B42:ETA7750 裏蓋が、ロシア・ガガーリン宇宙トレーニングセンターのレリーフ
※1995年のETA7750搭載前の公式装備品以前のレマニア5100搭載機の時代は、不明

Sinn142:レマニア5100 裏蓋が、スペースシャトルのミッションD1のレリーフ
ベースモデルの140Sが、1985年にスペースラブ・ミッションD1に持ち込まれ、
142Sが1992年にロシア・ミールミッションに持ち込まれ、地球周回軌道上で使用

空物、宇宙物が好物の方々には、FORTIS はコストパフォーマンスが高いと思います。
おすすめ!⇒ https://www.fortis.jp/stratoliner-steel-a-m.html

2018年
09月13日
23:29

3: masa

最近のフォルティスは男臭さが少し抜けて男前になった?気がしてます(^^
ほんと今風にかっこいいなぁと。

と、何処かで1本逝きたいところですが、手持ちの7750が増殖しまくりになってしまいます(笑

2018年
09月13日
23:56

4: LEM

Yoneさん、
僕はフォルティスもSinnも、両方とも格好いいと思います。^ - ^
やはり宇宙モデル!裏蓋にはこだわりの文字が並びますね。
これを刻みたいが為、血の滲むようなロビー活動がきっとあるのでしょう。
宇宙への戦いのほとんどは地上で行われていますから、自動巻でも問題ないと。
などという詭弁は置いといて、宇宙(あるいは上空数百キロ)が未知の空間でなくなってる現在では腕時計の選定は案外緩くてもOKなのかなと想像しています。
でも実績は素晴らしい武器になりますね。実績を作れる機会が少ないですから時計会社も大変ですね。そう考えるとフォルティスの価格はよく頑張ったものかと思います。

2018年
09月14日
00:18

5: LEM

masaさん、
フォルティスは視認性もよく防水性も高いモデルが多く並んでいるように思います。
良い意味で色気なく、男っぽい時計ですね。
7750の増殖は好ましいことではないでしょうか?
安心安全のクロノグラフの筆頭ですね。

1番~5番を表示

コメントを書く

本文
写真1
写真2
写真3
Chronos定期購読のお申し込み