がーひらさんのブログ

(一般に公開)

「冠さんの時計工房」(樋渡りん) 感想2020年05月15日13:55
今回は時計に関連した漫画の感想を書着たいと思います。
この漫画は主人公の冠綾子さんが営む時計店の日々を描いたものです。

評価を見ると、物語として起伏が無いと言われていますが、時計を扱う人とお客様の関係性や、やり取りが、優しくリアルに描かれていると思います。
絵も非常に綺麗で、第一話で登場するコラムホイール式のクロノグラフは、ひと目でビンテージ物だと分かる位、温かみがあり美しく描かれています。

この本の中で一番印象に残ったのは第二話で、高校生の男の子が父親の時計のベルト交換を依頼しに訪れるという話です。
僕はお客様のベルト交換の接客が大好きなのですが、お客様から「時計の印象が変わって新鮮な気持ちになった」という喜びの声や「ベルトの交換があっという間で凄い」という驚きの言葉を頂くと、何とも言えない嬉しい気持ちになります。漫画の中の男の子も全く同じリアクションで、このシーンを読む度に冠さんに感情移入して、僕も嬉しい気持ちになってしまいます。
他にも、代々受け継がれている時計や、時計の防水性について、大切な人に時計をプレゼントする話等、時計と人との関わりが沢山の角度から描かれていて、更に各話の間には簡単な機械式時計の図解ページがあります。

時計をもっと深く知りたいけど専門書を読むのはハードルが高いと感じている方や、時計に思い入れがあり、時計を通しての人との関わりが好きな方は共感できる所が多くあり、楽しく読み進められると思うので、非常にお薦めの一冊です。冠さんは美人で、巻末にはサービスシーンもあるので、美人好きの方には、尚更お薦め出来ます。

漫画なので活字に慣れていない方でも読み易く、一話完結なので少しずつ読み進められる構成になっています。この漫画は時計好きであればある程楽しめると思うので、ご一読してみては如何でしょうか?
  • 時計本

コメントを書く

本文
写真1
写真2
写真3
Chronos定期購読のお申し込み