4月のカレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近のコメント

カテゴリ一覧

エルプリ大好きさんのブログ

(一般に公開)

エルプリデイトナの変遷その②2021年04月26日02:49
こんばんは。
今日は、エルプリデイトナのベゼルについて、考察したいと思います。
これは、大きく分けて5種類あります。

MarkⅠ・・・200タキ(1987年〜1988年、R番とL番初期)
UNITS PER HOURが9時位置にあり、ベゼルに刻まれた数字が、50から200なので、200タキと呼ばれています。
6の数字の丸の部分が大きいです。
一番人気が高く、数も少ないです。

MarkⅡ・・・225タキ(1988年〜1989年、L番初期から中期)
UNITS PER HOURが1時位置になります。
ベゼル上の数字が60から400となりますが、200と300の間に225と250の数字が見られ、その後のベゼルには225が刻まれていないため、225タキと呼ばれています。
やはり、6の数字の丸の部分が大きいです。
これも、かなり数が少なく、200タキと同じく人気があります。

MarkⅢ・・・400タキ①(1990年〜1992年、L番中期からN番あたり)
UNITS PER HOURの位置は1時位置で変わりません。
やはり、ベゼル上の数字が60から400で変わりませんが、200と300の間に240が刻まれています。
400までの数字が刻まれていますので、400タキと呼ばれています。
引き続き、6の数字の丸の部分が大きいです。

MarkⅣ・・・400タキ②(1993年〜1999年、S番あたりからA番あたり、ごく一部P番も)
MarkⅢとの違いは、6の数字の丸の部分が小さいことです。

MarkⅤ・・・幅広ベゼル(2000年、P番)
400タキの数字の特徴は同じです。
また、6の数字の丸の部分が大きくなります。
UNITS PER HOURの文字間が広くなります。

他に、タキメーターの彫りの深さで分ける人もいますが、私は彫りの深さはベゼルの使用歴や研磨で変わって見えると思っているので、違いはないと思っています。
よく、116520でも、彫りの深い個体がかっこいいと言われますし、それは確かにカッコいいのですが、単純に使い込んだだけとも言えます笑。
なので、私は使用感のない、彫りの深さが感じられない、ツルッとした滑らかなベゼルが大好きです笑。
ふうっ笑。
何か間違いがあれば、教えて下さい。
また、この情報は私の見解であり、シリアルや年代など、微妙に違っている可能性があります。
また、この情報に関する責任は一切負いません。
参考程度にしていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。
次は、ブレスや本体の形状について、お伝えしますね笑。
予告1・・・カマボコケースって、何!?
予告2・・・小さい王冠のバックルって!?
  • エルプリデイトナ変遷

コメントを書く

本文
写真1
写真2
写真3
Chronos定期購読のお申し込み