MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

エナメル

Enamel 戻る

①装飾技法のひとつ。琺瑯(ホーロー)、七宝焼き、本七宝、ハードエナメル、ホットエナメルとも。最近はグラン・フー・エナメルともいわれる。金属板などにガラス質の釉薬を焼き付けたもの。主に文字盤に使われる。独特の光沢を持つが、歩留まりが悪く耐久性は低い。エナメルで絵を描いて焼いたものを「ペイントエナメル」、金属を彫り込んでエナメルを流し込んだものを「シャンルベ」、金属線の枠内にエナメルを施したものを「クロワゾネ(有線七宝)」という。なおエナメル文字盤を製造する主なメーカーにははスイスのドンツェカドラン、日本の安藤七宝などがある。
②エナメル塗料のこと。表面の仕上げは本七宝に似ているが、表面を覆っているのはガラス質の釉ではなく、あくまで塗料である。ソフトエナメル、ペイントエナメルとも。

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP