MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

クォーツ

Quartz 戻る

水晶振動子を調速に用いたムーブメントのこと。一般的には電気を動力源とする。水晶は電圧を加えると振動し、振動すると発電する。クォーツが機械式時計より高精度なのは、振動数が3万2768Hzと機械式時計の数千倍もあるため。セイコーは1962年にクォーツの「クリスタル・クロノメーター」を開発し、64年の東京オリンピックにおける公式時計で大きな成果を収めた。腕時計初の採用例は、セイコー「クオーツアストロン35SQ」(69年)日本の時計メーカーはクォーツの量産化に成功したことで、70年代以降、世界的な名声を得た。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP