MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

ジョン・ハリソン

John Harrison 戻る

大工/時計師(1693〜1776年)。マリンクロノメーターの開発者。1720年代に温度の影響を受けない格子型補正振り子を発明。これは1895年にエドゥワルド・ギョームがインバー合金を発明するまで、ほとんど唯一の温度補正振り子であった。同時期に退却型のグラスホッパー脱進機や定力装置(コンスタントフォース)を開発、1735年にはこれらを搭載したマリンクロノメーターH1を製作した。彼のマリンクロノメーターは進化し、59年ごろにはH4を完成。H4は61年から64年にかけてテストされ、6週間で53秒という超高精度を記録した。当時の英国政府は、精密な経度測定用のマリンクロノメーターに賞金を出すと表明しており、彼はH4の功績により73年、2万ポンドという巨額の賞金を獲得した。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP