MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

耐磁性

Antimagnetic 戻る

磁気に対する影響を軽減する性能のこと。通常の時計でも1800A/m程度の耐磁性を持つが、耐磁時計は4800 A/m(磁界強度)以上、強化耐磁は1万6000A/m以上を指す(JIS/ISO規格による)。それ以上の超耐磁時計としてはIWCの「インヂュニア」やロレックス「ミルガウス」、などが有名で、約8万A/mの耐磁性能を持つ。一般的な耐磁時計はムーブメントの部品に耐磁素材を用いるが、「インヂュニア」のような超耐磁時計では加えてケースにスティール製のインナーケースを設けて、磁気をシャットアウトしている。過去にはムーブメントの部品に超耐磁性素材を用いて、実測370万A/m以上の耐磁性を実現した「インヂュニア50万A/m」(1989年)のような例もあるが、超耐磁部品は耐久性が低い上温度変化に弱く、普及はしなかった。オメガの「マスタークロノメーター」も同じアイデアから生まれた時計だが、理論上の耐久性と耐磁性ははるかに高い。

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP