MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

デテント脱進機

Detent escapement 戻る

クロノメーター脱進機とも。1765年、フランス人時計師のピエール・ル・ロワが発明した。拘束角が小さく高い等時性を与えられるほか、ツメ石とガンギ車の接触面が小さく、設計が優れていればほとんど注油の必要がない。またスイスレバー脱進機に比べてより大きなテンワを駆動することができる。一方、テンプの振り角が上がりすぎる“振り切り”が起こりやすく、衝撃で簡単に停止する。また姿勢差が大きいため携帯時計への採用例は少ない。オーデマ ピゲのAP脱進機や、ジャガー・ルクルトのエリプス・イゾメーター脱進機(いずれも2007年)などはデテント脱進機の欠点を改良した、広義のデテント脱進機に含まれる。オメガが開発したコーアクシャル脱進機(1978年、製品化は1999年)もまた、デテントをベースにした脱進機といえる。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP