MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

有線七宝

Cloisonne 戻る

七宝の技法。細く切った金線で枠を囲み、その内側に七宝を施していくもの。対して彫金したものに七宝を施すものをシャンルベという。18世紀のジュネーブを代表する彫金師、ジャン・ルイ・リヒターが透明な釉薬でエナメルを覆う手法を発明。以降、有線七宝の技法は時計ケースにも転用されるようになった。詳しくは「クロワゾネ」を参照のこと。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP