MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

ユリス・ナルダン

Ulysse Nardun 戻る

1846年創業の時計メーカー。創業者はユリス・ナルダン。マリンクロノメーターの製作を得意としてきたが、近年は複雑時計の製作も手がける。1878年、パリ万国博覧会でマリンクロノメーターが金賞を獲得。以降、各国海軍に採用された。その一方でエボーシュの採用も早く、天文台コンクールへの出展期を含め、戦後の機械式腕時計はほぼエボーシュを搭載している。1983年、ロルフ・W・シュニーダーが買収。ルードヴィッヒ・エクスリン博士設計による「アストロラビウム・ガリレオ ガリレイ」(85年)、「プラネタリウム コペルニクス」(88年)、「テリリウム・ヨハネスケプラー」(92年)の天文三部作は大きな話題となった。シリシウムと新型脱進機の先駆者でもある。2001年には7日巻きカルーセルの「フリーク」を発表した。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP