MEMBERS SALON

基礎からの時計用語辞典

ルビー

Ruby(英) 戻る

歯車の軸受けなどに使う石のこと。抵抗と摩耗を減らす効果がある。通常は穴を開けた人工ルビーが用いられるが、かつてはブルーサファイヤやダイヤモンドも使用された。初出は1704年、ニコラス・ファシオ・デ・デュリエによるもの。なお1960年代までのアメリカでは石数によって関税率が変えられていたため、アメリカに輸出されるスイス製時計は、多くが17石以下であった。ジャガー・ルクルトが2007年に発表した「マスター・コンプレッサー・エクストリーム・ラボ」は、ルビーに代えて、セラミック系のエアジウムを穴石に使用しており、軸受けへの完全無注油を実現した。

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP