MEMBERS SALON
ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜

風防に曇りが出た場合、どうすればいいの?/ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜(1/1)

Q:風防に曇りが出た場合、どうすればいいの?

A:風防に曇りが出た場合、時計の防水が完全でないことを示します。そのまま長期間時計を放っておくと、内部は錆びて、最悪の場合は修理不能になります。

 もし風防に曇りを見つけたら、リュウズを引き出し、リュウズを上にした状態で保管してください。
 密封したケースの中に、リュウズを引き出した時計を入れ、シリカゲルを同封して湿気を抜く方法もありますが、理論上、シリカゲルは油を吸収するため、時計内に湿気や水が入った場合以外、使わないほうがいいでしょう。

 そして風防の曇りが消えたら、即メンテナンスサービスに持ち込んでください。
 消えたから大丈夫と考える人もいますが、湿気は完全には消えませんし、長期的には時計にダメージを与えます。
 なお、現行の時計で風防に曇りが出る場合、そのほとんどが、使い方に問題があります。リュウズをきちんと押し込むこと、また、抵抗を感じたら無理にリュウズをねじ込まず、ごみを取ってからねじ込み直してください。
 そうすれば、防水性はきちんと保たれるはずです。

ダイバーズウォッチなどの場合でも、経年劣化による防水機能低下は十分にあり得るため、錆びに対しての注意は必要だ。特にアンティーク品ではご注意を。写真は現代的ダイバーズウォッチの先駆けとなり今もリニューアルを続けるブランパンの「フィフティ ファゾムス オートマティック」。


前の記事

TOKYO BASE社長 谷「確実性と挑戦の絶妙なバランス」4

次の記事

薄型化のためのムーブメントとデザイン

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP