image

Piaget ピアジェ

1874年にジョルジュ=エドワール・ピアジェがスイスのジュラ山脈の小さな村であるラ・コート・オ・フェの農場に工房を設けたのがメゾンの起源である。最初は自社で製造したムーブメントを他ブランドへ販売していたのだが、1943年にピアジェの名前を冠した時計を発表、そして1945年に工場を建設した。その後1957年には厚さ2mmの手巻きムーブメントCal.9Pを、1960年には厚さ2.3mmの自動巻きムーブメントCal.12Pを発表し、薄型ムーブメントのメゾンとしての地位を確立した。薄型ムーブメントを搭載することでデザインの幅が広がり、1970年代には「ピアジェ ポロ」といった斬新な時計が数多く発表された。「ピアジェ エンペラドール」「ピアジェ アルティプラノ」「ライムライト」など薄型であることを生かしたモデルが多数ある。

MODEL LIST