MEMBERS SALON

意外と簡単!スマホで時計撮影術(2/4)

時計撮影にぜひ用意してほしい小物類。三脚(スタンド)。スタンド用クリップ、リモートシャッター、LEDライト、プラスチック板。プラスチック板の代わりにワイヤーを使ってもいいだろう。

 スマートフォンで時計を撮影するって本当に難しい。例えば腕に巻いた状態で自撮りをしても、どうしても手振れでピントが合わなかったり、置き撮りをしようとしても、風防に照明や自分の姿が映りこんでしまったり……。プロが撮った写真には到底及ばないにしても、これはという写真を撮って、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSに投稿したい。同じようなことを考えている時計愛好家はきっと多いにちがいない。では、それほど特別な機材を使わずに見栄えのする時計の写真を撮るにはどうしたらいいのか。今回は、誰でも簡単にキレイに、スマートフォンで時計を撮影できる方法を紹介してみたいと思う。

 第一にポイントとして抑えるべきは、室内であれば蛍光灯の下などではなく、自然光で撮影するようにしたい。ベストは日差しがダイレクトに入ってこない窓際などが良いだろう。カーテンで直射日光を遮るか、トレーシングペーパーなどを貼るのも手だ。画面は最初からスクエアで撮るのがオススメ。インスタグラムの投稿に便利だし、横や縦で撮る際のように背景を気にせず被写体に集中できるからだ。

 さて、直射日光が入らない窓際に時計を置いてみよう。いざ撮影。とはいえ、やはり手持ちはどうしてもピントが合わせにくい。ここで登場するのがスマートフォン用のミニ三脚(スタンド)である。安いものであれば値段は1000円もしない。これで撮影の自由度がぐっと高まるのは間違いない。

 三脚を購入したならば、以下のものも併せて試してみたい。デジカメスタンド用クリップ(これは三脚を使うなら必須)、リモートシャッター、LEDライト、ワイヤーもしくはプラスチック板などだ。100円均一ショップなどで結構揃うものばかりなので、ハードルはあまり高くないだろう。要は「小道具を使って両手を使える状態にする」のだ。

 では実際に、時計を撮影してみることにしよう。今回選んだ時計はジラール・ペルゴのクロノグラフ「コンペティツィオーネ ストラダーレ」だ。一般的に難しいとされる黒文字盤、うっすらとヘアラインが入っている。黒がキレイに描写できて、なおかつヘアラインがうまく出れば上出来だ。

  1 2 3 4  
前の記事

WatchTime モンブラン、新色カーキグリーンダイアルでモンブラン 1858 プロダクトラインを拡充

次の記事

セレブウォッチ・ハンティング オーランド・ブルームが選ぶ時計は?/セレブウォッチ・ハンティング

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP