MEMBERS SALON

100years of MIDO(1/1)

コマンダー ビッグデイト
名作コマンダーに加わった新作。実用時計を得意とするミドーだけあって、細部への配慮は抜かりない。高い視認性を備えたビッグデイトに、ベゼルを絞ることで実現した極めて大きな文字盤、取り回しを良くするため、あえて短く切られたラグなどの実用的なディテールを持つ。自動巻き(Cal.80)。25石。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS+ローズゴールドPVD(直径42mm、厚さ11.97mm)。5気圧防水。11万8000円。
同じグループ傘下のETAがミドー専用に設計した自動巻きムーブメント、キャリバー80。ベースはETA2824-2を改良したCal.C07.651。振動数を2万8800振動/時から2万1600振動/時に落とし、フリースプラングテンプを採用したムーブメントである。そこにフレデリック・ピゲから転用したであろうビッグデイトを追加している。
奥山栄一:写真 Photographs by Eiich Okuyama
広田雅将(本誌):取材・文 Text by Masayuki Hirota (Chronos-Japan)

日本再参入を果たした実用時計の雄

エントリークラスの雄でありながらも、2015年の再参入まで日本市場から遠ざかっていたミドー。そんな同社が100周年を迎えた2018年、「コマンダー ビッグデイト」を皮切りに、数々のアニバーサリーモデルを投入する。スウォッチ グループならではの物堅い作りに加えて、歴史を感じさせるプロダクトの数々は良質な実用時計を好む愛好家にも、きっと響くに違いない。

 1918年に創業されたミドーは、長らく実用時計の雄だった。ムーブメントにエボーシュを使う点ではスイスの他メーカーに同じだったが、同社は、腕時計の実用性に非凡な注意を払っていた。例えば、30年代後半の防水に関する特許。今やどのメーカーも、防水性を高めるためにリュウズのチューブにパッキンを加える。当たり前すぎて先駆者が誰かはあまり知られていないが、実はこの特許取得者こそミドーだったのである。もっとも、当時の素材は加工しやすく、防水性を保てるコルクだった。

堅牢な実用時計を作る、というミドーのあり方を確立したのが、1934年にリリースされた名作「マルチフォート」だった。自動巻きのエボーシュを厚い防水ケースに包んだ本作は、「出かけると(ゼンマイが)巻ける」という軽快なキャッチコピーもあって、世界的なヒット作となった。売り上げの5割以上が、時計に実用性を求めるアメリカ人だったという事実が、ミドーのキャラクターをよく物語っている。

(左)ミドーの社内報“Mido minutes”の1958年1月号。社内報とは思えない鮮やかな色使いが、当時のミドーのセンスをよく表している。同社が、実用メーカーとは思えないほど、さまざまな試みをデザインに対して行ったのも理解できる。(右)実用性をうたったアメリカ向けの広告。自動巻きと防水性能が強調されている。

(左)1930年代の特許資料より、コルクを用いたリュウズの防水システム。オレンジ色の部分が、コルク製のパッキンである。素材こそラバーに改められたが、このアイデアは後に時計業界の標準となった。(右)カラフルなデザインを持つ「パワーワインド ダイバーズ 1000」。300m防水の性能を持つこのダイバーズウォッチは、今や世界的なコレクターズアイテムとなっている。

 加えて、ミドーには手の届く価格の良質な実用時計のみならず、もうひとつの魅力があった。外装のバリエーションが多彩だったのである。好例は、60年代の「パワーワインド ダイバーズ 1000」だ。ラッカーを多用したカラフルな文字盤は、このモデルに手頃な価格のダイバーズウォッチというだけでないユニークさをもたらした、と考えれば、往年のミドーを収集するコレクターが多いのも納得ではないか。

 現在、ミドーはスウォッチ グループの傘下にある。では、大グループの一員となって、ミドーのあり方は変わったのか。答えは否だろう。

「コマンダー ビッグデイト」は直径42㎜という大きなケースに、ビッグデイトを搭載した新作である。ベゼルを細く絞り、文字盤を拡大したのは視認性を高めるため。そして、ケースサイドをケースバック側に絞り、ラグを短く切ることで、サイズを感じさせない〝軽さ〞を得た。そこへ、約80時間のパワーリザーブを持つ自動巻きムーブメント、キャリバー80を搭載する。また、ベゼルを極めて細く絞ったにもかかわらず、5気圧の防水性を備える。時代は変われど、実用性を求めるミドーらしいモデルだ。
 デザインの追求も、やはりミドーの魅力であり続ける。例えば、「マルチフォート」をリモデルした「マルチフォート デイトメーター リミテッドエディション」。直径40㎜というサイズを感じさせないのは、リュウズを大きくして、デザインのバランスを取ったため。仮に汎用品の小ぶりなリュウズを使っていたら、デザインのバランスは破綻したに違いない。コストを考えると、専用のリュウズは採用すべきではないが、ミドーはあえて採り入れたのである。こういった細部への配慮は、「コマンダー シェイド スペシャル エディション」も同様だ。アクリル製のボックス型風防の中心部には、よく見ると〝Mido〞の刻印がある。かつての風防に刻まれていた刻印を、ミドーは忠実に再現したのである。

 優れた実用性とユニークなデザイン、言い換えると細部へのこだわりに満ちたミドー。加えて、日本ではまだ取り扱い店舗が少ないことも大きな魅力だ。と考えると、気兼ねなく使える実用時計を求める愛好家にとって、ミドーは間違いなく、考慮すべき選択肢のひとつになるはずだ。確かに同じ価格帯で、優れた実用時計を探すのは難しくない。しかし、ミドーの時計には、今も昔も、実用時計という枠では測れない面白さがある。

好事家を刺激する、1970年代に発表されたコマンダーの復刻版。なお、実用メーカーらしく、ミドーは時計の重さも公表する。本作は85g。自動巻き(Cal.ETA2836-2)。2万8800振動/時。パワーリザーブ約38時間。SS+ローズゴールドPVD(直径37mm)。5気圧防水。11万7000円。

直径40mmのケースを大きく感じさせないよう、大ぶりな専用のリュウズを与え、バランスを取った。この価格では珍しい試みだ。自動巻き(Cal.80)。2万1600振動/時。パワーリザーブ約80時間。SS+ローズゴールドPVD(直径40mm)。5気圧防水。世界限定1918本。15万円。

Contact info:ミドー/スウォッチ グループ ジャパン Tel.03-6254-7190

前の記事

美女と時計 美女と時計/第40回『ロレックスを着けた女性』

次の記事

ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜/第5回 自動巻きが止まったら

おすすめ記事

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP