トム・ハンクスが選ぶ時計は?/セレブウォッチ・ハンティング

LIFEセレブウォッチ・ハンティング
2019.03.29
一流のセレブたちは一体どんな腕時計を選ぶのか? 世界のセレブたちのプライベートなワンシーンを切り取り紹介する連載コラム「セレブウォッチ・ハンティング」。今回は2016年の写真をピックアップし、俳優のトム・ハンクスが選ぶ腕時計を紹介しよう!


トム・ハンクス

トムハンクス

Ernesto Ruscio/Getty Images

 トム・ハンクス出演作と聞いて、どの映画を思い出すだろう? 「めぐり逢えたら」「アポロ13」「プライベート・ライアン」「グリーンマイル」……。色々と出てくるが、「フォレスト・ガンプ/一期一会」も多くの人が名前を挙げるだろう。1994年に公開された「フォレスト・ガンプ/一期一会」は当時38歳だった彼の役者としての存在感を世界に知らしめた作品である。最近、この映画がなんとインド・ボリウッド映画としてリメイクされる予定だという噂を耳にして、その人気の根強さを実感しているところだ。
 
 さて、今回はそんな世界的俳優のトム・ハンクスが選ぶ時計を紹介しよう。写真は2016年にローマ映画祭の記者会見で撮られたものだ。会見に応じる彼の手元にフォーカスしてみると、ミリタリー風ブラックダイアルに、タイメックスのブランドロゴを確認できる。

トムハンクス時計

 タイメックスは1854年にアメリカ・コネチカット州ウォーターベリーに創業した時計ブランドだ。トム・ハンクスの着用モデルは、このブランドの創業地の名を冠したウォーターベリーコレクションのひとつで2015年に発表されている。デザインは1990年代前半にスウォッチデザインラボの所長を務め、現在ではタイメックスグループのクリエイティブ・ディレクターを手掛けるイタリア人のジョルジオ・ガリによるものだ。
 同氏によると、トム・ハンクスは度々タイメックスを着用する姿が確認されているが、タイメックスと直接的な関係によるものではないため、自身ないし家族や友人によるセレクトだろうとのことである。

タイメックス「ウォーターベリー」

タイメックス

トム・ハンクス着用と同じダイアルデザインの「ウォーターベリー」現行モデル。なおダイアルは1992年にタイメックスが開発した文字盤全面発光機能"インディグロ®︎ナイトライト"を備える。Ref.TW2P84000。クォーツ。SS(直径40mm)。5気圧防水。2万円(税別)。

 タイメックスはかつて、良質なプロダクトを民衆的な価格で提供するために大量生産の手法をいち早く整えた。前身のウォーターベリー・クロック・カンパニーを、フォード・モーター創業者のヘンリー・フォードが視察したことでも知られる。ちなみに同氏はその後、大衆向けにT型フォードを生産し、のちに「自動車王」と呼ばれた。 
 アメリカで生まれ、幅広い層から長年愛されている点において、トム・ハンクスとタイメックスは共通しているように思われる。これからも世界中に良い作品を届け続けてほしい。

タイメックス/DKSHジャパン Tel.03-5441-4515