ケースの厚さ、何mmからが薄型時計なの?/ぜんまい知恵袋〜時計の疑問に答えます〜

FEATUREぜんまい知恵袋
2020.04.26

Q:ケースの厚さ、何mmからが薄型時計なの?

広田雅将

A: 最近各メーカーが取り組む薄型化。トレンドを牽引するブルガリやピアジェはもちろんのこと、薄さには無頓着と見なされてきた、パネライやグランドセイコーも薄いモデルをリリースするようになりました。それにはいくつかの理由があると考えられています。

ひとつは、時計ブームを牽引してきたベビーブーマージュニアが、重くて分厚い時計を好まなくなったこと。もちろん一概には言えませんが、スポーツウォッチを好む層が台頭する一方で、ベーシックな時計は急激に目立たない方向に向かいつつあります。そしてもうひとつが、保守的な中国市場への対応。今でこそ変わりつつありますが、一昔前の中国では、ベーシックでシンプル、そして袖に隠せる時計が好まれたのです。


高い防水性能を持たせた分厚いケースが代名詞だったパネライも2010年代より薄型化への舵を切った。同社の薄型時計として代表的なのが16年デビューの「ルミノール ドゥエ」。コレクションでの最薄モデルはケース厚が10.5mmのため、薄さと耐久性を兼ね備えたモデルと言える。また、ルミノール ドゥエだけではなく、ムーブメント厚3.95mmのCal.P4000を搭載することでラジオミールのケース厚を抑えた「ラジオミール 1940 スリーデイズ オートマティック アッチャイオ-45mm」などのモデルも過去には発売されている。Photograph by Masanori Yoshie

では、ケース厚何mmからが薄型時計になるのか? 各社の定義はまちまちですが、10mm以下は薄型時計と考えていいでしょう。また、7mm以下、5mm以下の時計を極薄時計と見なすメーカーもあります。

薄型時計は袖口の邪魔をしないため、普段使いに向いています。しかし、ケースが薄すぎるとムーブメントは磁気帯びしやすくなり、ショックを与えると壊れる場合があります。とりわけ、強い衝撃を与えると、針の位置がずれたり、針が曲がる場合があるのです。そのため、実用性を重視したモデルには、ケース厚をあえて10mm台に留めているものもあります。

もし普段使いするならば、ケースの厚さは8mm以上、できれば10mm以上が望ましいでしょう。もっとも、扱いに自信のある方ならば、薄型時計を普段使いするのは大いにありです。

ピアジェ「アルティプラノ アルティメートコンセプト」厚さ2ミリへの挑戦、ついに市販化へ


https://www.webchronos.net/features/43504/
薄型化や小型化において世界最高を記録した腕時計


https://www.webchronos.net/features/28654/
薄型化のためのムーブメントとデザイン(前編)


https://www.webchronos.net/features/32539/


SAME BRAND同じブランドの記事