クロノス日本版 1月号(vol.92) 発売中!

FEATURE最新号紹介
2020.12.03

クロノス日本版 2020年1月号

Chronos 1月号(vol.92) 12月3日発売

■第一特集 2020年の新作全総覧

 未曾有のコロナ禍による見本市の相次ぐ中止が、高級時計市場に大きなインパクトをもたらした2020年。そんな激変した時計市場の1年を振り返ったとき、見るべきトレンドはあったのか?そして、改めて取り上げるべき、魅力的なモデルはあったのか?2020年にリリースされた新作を、多面的な視点から総括する。


■第二特集 アイコニックピースの肖像61 ジャガー・ルクルト マスター・コントロール

 1992年以降、ジャガー・ルクルトの屋台骨であり続けるマスター・コントロールコレクション。レベルソほどの分かりやすさは持っていないが、それ故にこのコレクションは面白さに満ちている。同社のブレッド&バターであるマスター・コントロール。その長くて興味深い歩みをひもといていこう。


■第三特集 創業175年の軌跡不撓不屈のA.ランゲ&ゾーネ


■腕時計パラノイア列伝 第40回 「世界で評価される日本の若手時計師」

 どの分野においても、日本だけでなく、世界を舞台に評価され、活躍する日本人がいる。スイスを中心とする高級時計の世界も例外ではない。今回は、世界で評価され始めた日本の若手時計師に迫る。


別冊付録 「CODE 11.59 セカンドステージへの飛躍」

 膨大なアーカイブの中からオーデマ ピゲのDNAを丹念に抽出・再検証して次世代機を構築するというコンセプトから誕生した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」。ローンチイヤーとなった2019年時点のラインナップですでに、コンプリケーションのプラットフォームとしての資質の片鱗を見せ始めていたが、2020年はそれが大きく飛躍を遂げた。記号化されたオーデマ ピゲのDNAは一度「CODE 11.59」に集約され、そこを起点に多様なコレクションへと拡散を始めたのだ。


Fujisanで購入 (定期購読で50%OFF)




SAME BRAND同じブランドの記事