徹底討論!! フレデリック・コンスタント「スリムライン モノリシック マニュファクチュール」とは?

FEATUREインプレッション
2021.09.29

フレデリック・コンスタントが新開発したモノリシック オシレーターを搭載する「スリムライン モノリシック マニュファクチュール」。機械式時計の心臓部に一石を投じる本作の魅力とは? プレコグ・スタヂオ代表の安藤夏樹氏、時計ジャーナリストの篠田哲生氏というふたりの論客が『クロノス日本版』編集長・広田雅将と語り合う。

スリムライン モノリシック マニュファクチュー

阿形美子:取材・文
Text by Yoshiko Agata

時計ジャーナリスト

今回の鼎談参加者3人。左より時計ジャーナリストの篠田哲生氏、プレコグ・スタヂオ代表の安藤夏樹氏、『クロノス日本版編集長の広田雅将。


機械式時計の要、調速脱進機を革新する

広田「機械式時計の精度を司る機構が調速脱進機です。現在ほとんどの機械式時計で採用されているスイスレバー式であれば、ヒゲゼンマイとテンワで構成されるテンプ(調速機)が振動し、その規則的な反復運動をアンクルとガンギ車からなる脱進機が受け取ることで、針を一定のスピードで動かします。

このような調速機と脱進機の機能を一体型シリコン製パーツとガンギ車に凝縮したのが、このモノリシック オシレーターです。その機構を初搭載するスリムライン モノリシック マニュファクチュールのファーストインプレッションはいかがですか?」

スリムライン モノリシック マニュファクチュー

フレデリック・コンスタント「スリムライン モノリシック マニュファクチュール」
ブレゲ針とローマンインデックス、クル・ド・パリ装飾を施したクラシカルな文字盤を持つ。6時位置からは最新のモノリシック オシレーターがのぞき、先進性を伝える。自動巻き(Cal.FC-810)。19石。28万8000振動/時。SS(直径40mm、厚さ11.38mm)。3気圧防水。世界限定810本。59万4000円(税込み)。

安藤「まさにフレデリック・コンスタントって感じ。1960年代の音叉時計もそうだったけど、新機構が誕生した時には、それが分かりやすいように(デザインの面で)オープンにして打ち出して、一般化するにつれ徐々に隠していくっていう段階を経る。で、その手法をフレデリック・コンスタントが採るなら、やっぱりブランドアイコンのハートビートにするよねって納得できます。それから、今年の新作時計の中で記憶に残っている数少ないモデルのひとつですね」

篠田「新しいことへの取り組みを厭わないフレデリック・コンスタントらしい時計だと思います。実は同社ってシリコンパーツの採用が早かったし、2008年にはシリコン製ガンギ車を使ったトゥールビヨンムーブメントも開発している。その発表当時も業界内で驚きの声が上がりましたよね」

広田「そうですね。個人的には、これまでのフレデリック・コンスタントの一連のシリコンパーツ開発がようやく完成したかなと思います」


機械式時計初心者にも向く合理的な機構

モノリシック オシレーター

ブルーの円盤状のパーツが、オランダのフレクサス社と共同開発したモノリシック オシレーター。従来の標準的な調速機構における26個のパーツを単一パーツで代替する。サイズは直径9.8mm、厚さ0.3mmであり、従来のテンプに相当する。

安藤「シリコン製オシレーターといえば、2017年に発表されたゼニスのデファイ インベンター(※)があったけど、違いはどこにあるのかな」

(※編集部注釈/ゼニスは2017年に、シリコン製の調速脱進機一体型オシレーター(ゼニス オシレーター)を開発し、デファイ インベンターに搭載した)

広田「最たる違いは小型化ですね。サイズが大きいと振動の際に歪みが生じてしまいますが、これは従来のテンプとほぼ同等のサイズなのでその問題はなく、それから緩急調整用のパーツを付けることで精度調整も容易になっています」

安藤「このオシレーターのメリットはどんなもの?」

広田「一般的なムーブメントの約10倍の28万8000振動/時という超ハイビートなので、ショックに強く、理論上精度が高くなります。ただ、発表されている精度は−4秒〜+6秒とC.O.S.C.認定クロノメーターレベルで、耐磁性能も1万6000A/mと控えめですが」

スリムライン モノリシック マニュファクチュー

フレデリック・コンスタント「スリムライン モノリシック マニュファクチュール」
ネイビー文字盤とホワイトの針・インデックスが爽やかなSSモデル。高振動による秒針のなめらかな動きにも注目。自動巻き(Cal.FC-810)。19石。28万8000振動/時。SS(直径40mm、厚さ11.38mm)。3気圧防水。世界限定810本。59万4000円(税込み)。

篠田「初期だから控えめに発表しているのかな。その奥ゆかしさもフレデリック・コンスタントらしいけど」

広田「機械式時計って300年くらい機構が変わってないわけですが、姿勢差による誤差や、現代では磁気帯び(※)の問題がある。このオシレーターはそういった問題をクリアにするので個人的にはアリだと思っています。機械式時計で扱いに慣れていない人にも向くでしょう」

(※編集部注釈/従来のヒゲゼンマイや脱進機は鉄を含む合金のため、磁気を帯びると動作が不安定になる。現代ではスマートフォンやPCのスピーカーなど身の回りに磁気を発生するものが多い)

安藤「初めての実用的なシリコンオシレーターだし、金額的にも買いやすいから、記念碑的モデルが欲しい人にも満足感は十分あるね」