Chrono24、LVMHのアルノー家から1億ユーロの増資を受ける

FEATUREその他
2021.10.13

高級時計売買マーケットプレイスのChrono24から、LVMHのアルノー家から1億ユーロの増資を受けたとの発表があった。この状況を主導したのはGeneral Atlanticで、そこにはAglaé Venturesの関与もあった。この度の資金調達により、これまでの調達額と合わせてChrono24の累計調達額は2億ユーロを超えたことになる※。(※2021年8月時点)

Chrono24

Chrono24のサービスのひとつ、ウォッチスキャナー。写真にスマホをかざすだけで、その時計のモデル名、リファレンスナンバーと市場価値が一発で分かる。
Originally published on EUROPA STAR
2021年10月13日掲載記事

累計調達額は2億ユーロを達成、加速する成長軌道

 高級時計の新品からヴィンテージまで網羅したラインナップを抱える世界有数のオンラインマーケットプレイスであるChrono24(本社:ドイツ・カールスルーエ)は、投資ラウンドのシリーズCにおいて、1億ユーロ(約129億7600万円※)の原資を確保したと発表した。

 このラウンドを先導したのは世界的な成長を続ける投資大手のGeneral Atlantic(本社:アメリカ)で、そこに投資会社Aglaé Ventures(本社:フランス)が加わっている。Aglaé Venturesはアルノー家の持ち株会社であり、またLVMHの支配株主でもあるアガッシュが支援をしている。

 既に投資を行っているInsight PartnersおよびSprints Capitalもこのラウンドには参加している。今回の増資によって、Chronos24は累積で2億ユーロ以上(約259億5200万円※)の原資を確保した。

 Chrono24は今回の資金調達を機に、国際事業の拡大の継続、既存市場でのプレゼンスの向上、優秀な人材の登用によるグローバルチームの増強など、成長軌道を加速させていく予定だ。すでに100カ国以上においで市場を牽引する存在であるChronos24は、活発化する中古高級時計市場をさらに活用し、新世代のコレクターの取り込みも模索している。

Chrono24

ウォッチスキャナーで得た情報は「ウォッチコレクション」に登録することで、さらにその時計の現在の市場価値、価格幅、月/年単位の推定価格の推移などを知ることができる。

 Chrono24は2003年に設立されて以来、オフラインが主流であった高級時計業界をデジタル化させ、オンラインマーケットプレイスを通じて世界中の時計販売店とコレクターをつないできた。そして同時に時計販売店とコレクターを世界規模で結び付ける役割を果たしてきた。現在、1日あたり平均50万人がサイトを訪れ、100カ国以上から集まる3000以上の販売業者と3万人の個人販売者により運営されており、Chrono24の販売リストには常に約500万本もの時計を見ることができる。

 General Atlanticのドイツ事業部、マネージング・ディレクターのヨルン・ニコライは「カールスルーエを拠点とするChrono24は、2003年の設立以来、透明性と持続可能性を兼ね備えた革新的な事業モデルにより、国境を越えた高級時計のオンラインマーケットプレイスを構築した世界の先駆者です。Chrono24の継続的なグローバル展開を、当社の資本と専門知識でサポートできることをうれしく思います」と語った。

Chrono24

Chrono24創業者兼共同CEOのティム・シュトラッケ。2010年3月からChrono24の共同CEOに就任している。

 Chrono24創業者兼共同CEOのティム・シュトラッケがこれに続いた。「Chrono24は、この度、成長経験が豊富なGeneral AtlanticやAglaé Venturesにパートナーとして参画いただくことができました。私たちは高級時計業界におけるデジタルマーケットプレイスというコンセプトの創始者として、日々変化する消費者の行動をサポートし、促進するプラットフォームを構築してきました。これまでの伝統を壊すようなイノベーションを避けてきた高級時計業界に、さまざまな革新をもたらしてきたと思っています。General AtlanticとAglaé Venturesが、当社の可能性と、この業界における当社の役割を認めてくれたことを大変うれしく思います」。

 Chrono24はこれまで通りティム・シュトラッケと、共同CEOであるホルガー・フェルクナー(元TeamViewer CEO)、そしてCFOのシュテファン・クニーヴァッサーの3名による運営を続けていく。またフェルクナー、クニーヴァッサーを含む現在の株主も、新たに加わった投資家グループとともに共同で出資を行っている。

 今回の増資は2019年にChrono24に対して行われた、Sprints Capital、前リシュモン役員のジャンニ・セラッツィ、YOOX-NET-A-PORTERの創業者アルベルト・グリニョーロによるシリーズBの4300万ユーロ(約55億7970万円※)、そしてそれに先立つ2015年のInsight PartnersのシリーズAの3700万ユーロ(約48億110万円※)の資金調達に続くものとなっている。

Chrono24

Chrono24は2020年時点で約20億ユーロの取引高を達成、世界最大規模のプラットフォームとしての地位を築いている。


Chrono24が支持される理由

https://www.webchronos.net/features/56838/
【インタビュー】Chrono24創業者兼共同CEO「ティム・シュトラッケ」

https://www.webchronos.net/features/59929/
Chrono24を支えるふたつの軸

https://www.webchronos.net/features/62273/
SAME BRAND同じブランドの記事