セイコー/グランドセイコー

2017.11.07
広田雅将:取材・文 吉江正倫、二石友希:写真
[連載第7回/クロノス日本版 2011年11月号初出]
Special thanks to antique mecha BQ

規格外の高精度と贅沢な外装をまとう時計──。
セイコー1960年代の力作「グランドセイコー」である。
以後GSは、半世紀以上の永きにわたって枝分かれを繰り返しながら、ラインナップを拡充。
しかし愛好家の間では、「初号機にこそGSらしさが凝縮されている」という意見で一致する。
セイコーは2011年の創業130周年時に、記念モデルとして初号機を“再び”復刻。
50年という時を隔てた初代モデルと130周年記念モデルを比較し、その進化の過程を垣間見る。