MEMBERS SALON

ラルフ ローレン初のミニッツリピーター日本上陸(1/1)

「スリムクラシック ミニッツリピーター」。18KWG(直径42㎜、厚さ11.5㎜)。37石。2万1600振動/時。約48時間のパワーリザーブ。2211万円(税別)。

 

 ラルフ ローレンがミニッツリピーターを発表した。もちろん同社初の試みで、「スリムクラシック」のケースに収められている。手動旋盤による文字盤とベゼルのギョーシェ仕上げという美麗な仕上げはそのまま。オーセンティックを地でいくスタイルの複雑時計という印象が強い。

 気になるムーブメントはエンリコ・バルバシーニ氏とミッシェル・ナバス氏率いる、ジュネーブの複雑ムーブメント製作工房、ラ・ファブリック・デュ・タン製。ラルフ ローレンの時計工房を2015年から取りまとめているギョーム・テトゥ氏が両雄と旧知の間柄にあることから実現した夢のコラボレーションだ。

 生産本数は1本のみ。おそらく、直営店での販売になるとのことだ。ちなみに、同じムーブメントを使ったセカンドモデルの製作は予定されていない。殆ど誰の目にも触れない幻のまま、幸せなオーナーの元に収まるだろう。


Contact info: ラルフ ローレン 表参道Tel.03-6438-5800
 

前の記事

シチズンの進化の象徴 アテッサ30周年を記念した3モデルが誕生

次の記事

深海のモンスターが文字盤で躍る ロマン・ジェローム

おすすめ記事

pick up MODEL

正規時計販売店

正規時計販売店

高級時計を取り扱う全国の正規時計販売店をご紹介。各店が行うフェア情報やニュースもお届けします!

時計ランキング

時計ランキング

その年の新作モデルや、機構、仕上げの完成度など、毎回決められたテーマの中から、優れた10本を時計ジャーナリストたちが選出します。

スペックテスト

スペックテスト

クロノスドイツ版の人気連載「TEST」の翻訳記事。腕時計のデザイン、機能などをポイント性によって評価します!

基礎からの時計用語辞典

基礎からの時計用語辞典

時計の部品、機構、ブランド名など、基礎から専門用語まで、広範囲にわたって解説します。時計の知識を深めるための用語辞典です。

PAGE TOP